松本人志「やらかした子たち、俺が引き取る」 吉本・岡本社長がVTRで謝罪も

しらべぇ / 2019年7月21日 12時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

21日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、昨日の雨上がり決死隊の宮迫博之・ロンドンブーツ1号2号の田村亮の謝罪会見を受けて、急遽生放送に変更。

吉本興業の岡本昭彦社長からのパワハラ発言を明かすなど、異例の会見となったことを受け、かつて同社長をマネージャーに置いていたこともあるという松本人志が見解を述べた。

■「このままじゃ壊れていく」

冒頭「率直に…」と問われた松本は、「僕の知らなかった事実があまりにも多すぎて」と重い口を開き始める。

「(吉本に)騙されてたみたいな気になって。このままでは吉本は絶対によくない。(中略)ここまで(芸人らを)追い込んだ、ここまで信頼関係がなくなってしまった会社は、これは絶対によくない。

吉本興業がこのままじゃ壊れていく、潰れていくんじゃないかと危機感は持ちましたね」

と悲痛の表情を浮かべ、「お笑い芸人が笑ってもらえないことに憤りを感じる」と語気を強める。

■吉本を去ろうと考えた松本

さらに「いつからそんなに偉そうになったんだ」「とにかく芸人ファーストじゃないと意味がない」と同社に対し憤慨する松本。また一連の騒動のなかで吉本側から、芸人らに金銭の授受があった事実を知らされた際、その後の対応を訊くと「ちょっと静観します」と言われたという。

この回答を受け松本は、

「『だったら俺、吉本おれないかもしれないわ』って言ったの。『吉本興業にはいたくないかも。考えさせてください』と。こんな会社じゃ絶対だめやと」

と、自身の身の振り方まで考えていたことを明かした。

■ 『松本興業』の検討

昨日の謝罪会見を受け、昨晩、同社長及び大崎洋会長と会議をしたという松本。そのなかで「岡本社長に会見をさせなさい」と迫り、さらに以下のようなことを提案したという。

「吉本興業内にもう一個、いわば『松本興業』じゃないですけども、一個僕の部署をつくってくれと。そこで、やらかした子たちとかイエローカードの子たちを俺が引き取るから。(中略)お笑いを愛する人間が上から言われてクビってのは絶対に違うと思うから」

と話したところ、会社側はすんなりと受け入れたとのこと。

■「すごすぎて泣きそう」

松本の一連の見解に、ネットからは「惚れる…」「すごすぎて泣きそう」と称賛の声が続出した。

松本人志かっこよすぎる

— 小林美佳 (@meru_koba) July 21, 2019

松本人志さん凄すぎて泣きそう。
#ワイドナショー

— 🐯まいきぃ🐯 (@t1962_love) July 21, 2019

こういう時に会社に意見を言って、生放送でマスメディアに発信する行動力がある松本人志ってすごいと思う。
政治家にも見習うべきところがあるよなー

— 平井氏⚾︎ (@naohiracrz8) July 21, 2019

こんな真剣なとこでも
笑いを挟むとこ
さすが松本人志だなぁ
#ワイドナショー

— きっき (@hanayou815) July 21, 2019

■岡本社長、明日会見

生放送中、同番組からの取材への回答というかたちで、VTR越しに謝罪をした同社長。内容は下記の通りとなった。

「はじめに反社会的勢力からタレントが金銭を受け取ってしまった件につきまして、被害者の方々に対して、事務所を代表してお詫び申し上げます。またファンの皆様、関係者の方々にも大変ご心配、ご迷惑をお掛けしまして、誠に申し訳ございません」

「昨日のような会見をタレントにさせてしまったことを大変心苦しく思っており、つきましては、明日の自分のほうから会見を開かせていただいて、ご説明をさせていただければと思います」

謝罪会見を受け、昨日「後輩芸人は不安よな。松本動きます」とツイートし、100万以上のいいね!が付けられるなど、ファンや同じ芸人から大きな期待を寄せられていた松本。そうした期待に応えるかたちで、放送中は時おり笑いを挟みつつも、隠すことなく、熱い想いを吐露していた。


(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング