安藤美姫に送られた中傷的な手紙 その送り主を関根勤が𠮟責

しらべぇ / 2019年7月22日 16時40分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

元女子フィギュアスケート選手の安藤美姫が、21日放送のバラエティー番組『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)に出演。現役時代に送られていた中傷的な手紙の内容を明かした。

■世間から注目される裏で

高校在学中に全日本選手権2連覇、2016年にはトリノ五輪の代表に選出されるなど、高い注目を集めていた安藤。しかし、その裏では、ファンからの隠し撮りや中傷的な手紙に悩まされていた。

番組MCの浜田雅功に手紙の内容を問われると、安藤は「どこまで聞きたいですか?」とニッコリ。内容には、「まあまあ」から「ヤバい」まで酷さのレベルがあるのだという。

■浜田「それでもちょいヤバ」

「ちょいヤバいくらいのレベル」をリクエストされると、安藤は「メスブタがなぜリンクで踊ってる?」という内容を紹介。

浜田はそれに驚きながら、「それでもちょいヤバやから、彼女はもっと酷いことを言われてきた」とツラそうな表情を浮かべる。また、関根勤は「そういうの辿っていって、そいつを捕まえたい」「1時間説教したい」とコメントした。

■ネットでは「ツラそうだった」の声

今回の放送を受け、視聴者からは「当時滑っていても楽しくなさそうだった」「叩く人が当時はいた」といったコメントが寄せられている。

「滑ってても楽しくなさそうツラそうだなって思ってた記憶があるなあ」

「安藤美姫選手に酷いこと言ってた人に、関根さんがよく言ってくれた! 同意しかない」

「安藤美姫の性格が悪いって叩く人たくさんいたけど、フィギュアに全く関係ないし、尋常じゃない努力の上に成り立ってる世界の頂点に立ったのは間違いない。素晴らしい人と思う」

また、コメントの中には、関根の発言に共感する声も見られた。

■SNSに悪口を書き込んだことは?

安藤に中傷的な手紙が送られていたときに比べて、SNSが普及している昨今。見知らぬ人から誹謗中傷を受ける可能性はより高くなっていると言えるだろう。

しらべぇ編集部が全国10~60代のSNSユーザー男女895名を対象に実施した調査でも、全体の16.5%が「SNSに悪口を書き込んだことがある」と回答している。

SNS悪口

心ない発言を受けた側がどれほど傷つけられるのか。誹謗中傷をしたことがあるという人は、そのことをよく考えるべきではないだろうか。


(文/しらべぇ編集部・音無 まりも



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング