有吉、「アンジャ・渡部に近寄る人はメシ目当て」 佐々木希もその一人?

しらべぇ / 2019年7月25日 18時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

24日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、有吉弘行が芸能界のグルメ王として活躍するアンジャッシュ・渡部建を痛烈批判。渡部と旧知の仲の有吉だからこその切り口に、視聴者からは称賛が殺到している。

◼渡部は「メシだけ」の男

「知り合いの紹介で店に来て『サービスして』と強要する客に困る」美容師からの投稿を受け、有吉とマツコ・デラックスは「紹介してもらったらこっちが恐縮する。紹介で行きたくない」と主張。

2人は「紹介してほしくもないし、紹介したくもない」のが本音と明かしながら、有吉は「店を紹介するタイプ」の代表格として渡部の名をあげる。

そこから「いろんな人と知り合いなのはそこ(飲食店に詳しい)だけ。ご飯の紹介をしてほしいからみんなが寄ってくる。ご飯屋さんのツテやコネがなかったら近づく?」と渡部に対する持論を展開していく。

◼渡部の変化に嘆き

有吉は、自身は昔からの知り合いだから渡部に近づくがそれ以外はご飯が目当てと断言し、「(渡部の妻で女優の)佐々木希でさえ(ご飯目当て)」と指摘。「メシ目当て?」と驚くマツコに「そりゃそうだよ」と同調した。

有吉と渡部の対決構図は番組の名物だが、この有吉の発言には「さすがに怒る。ホントに(番組に)出てくれなくなる」とマツコは危惧。しかし、「図星だから怒れない」と有吉は高をくくる。

渡部が飲食店のコネクションを作る前、「下北沢でカスカスの刺し身を一緒に食べていたころは友達いなかった」と有吉は熱弁。

周囲の人にとって渡部に近づく理由は飲食店以外にはないと強調し、「1ミリも間違っていない。一点の曇りもない」と力強く答えた。

◼視聴者は大満足

グルメに活路を見い出し、芸能界のグルメ王と呼ばれるまでになった渡部。飲食店を紹介して欲しい周囲はありがたがるだろうが、昔を知る有吉はその変化に少し複雑な感情を抱いているのかもしれない。

視聴者はこの日も「有吉VS渡部」の番組名物を大いに楽しんでいた。

有吉VS渡部はもはや伝統芸🤣

— ぼーかんしゃ (@boukansya_0) July 24, 2019

有吉って渡部大好きだよな#かりそめ天国

— †だい† (@drummer_die) July 24, 2019

有吉は実は渡部が交友広くなって寂しいのかもしれない#かりそめ天国

— 新・サムの息子 (@sinsonofsam) July 24, 2019

有吉はなんか渡部が好きで嫉妬でそういうこと言ってる気がする。

— JING@キリノジン (@jing_508) July 24, 2019

かりそめ天国で有吉さん渡部さんのことボロクソに言ってる笑
有吉さん楽しそうだなぁ(^^)

— リタ (@anja1807) July 24, 2019

◼約2割は「自称グルメ」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査したところ、全体の17.2%が「自分はグルメだと思う」と回答している。

グルメ

食にこだわる「自称グルメ」は、食に疎い者からすれば「新しい飲食店を教えてもらえる」だけにありがたい存在でもある。有吉は渡部もそういった存在で、周囲から言いように利用されていると暗に口にした。

渡部の過去を知り、今の渡部の立場を冷静に判断できる有吉こそ、ほんとうの意味で「渡部の最大の理解者」なのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日

対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング