長嶋一茂、“グーグルアースでお墓参り”に苦言 「とんでもない話」

しらべぇ / 2019年8月16日 16時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

16日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)にて、ツイッター上で話題になっている「グーグル・アースでお墓参りをする」という提案について議論された。

スタジオでも賛否両論が巻き起こる中、長嶋一茂が「お墓参に行く意義」を力説し、反響が寄せられている。


■義理の娘を気遣う投稿が話題に

話題となっているのは、小さい子供を持つ女性ユーザーのツイート。義父が「こんな山奥まで子供連れてくるのは大変だろうから無理しないで。お墓参りはグーグルアースから拝んでくれればいいから」と気遣ってくれたそうで、斬新なアイデアと義父の心遣いが大きな反響を呼んだ。

しかし、「先祖の墓参りをネット上で」という部分には、「お墓に行くのはご先祖様への礼儀だけど、移動が大変な場合はアリ」「お墓参りは故人を思い出すことが大事」と理解を示す声も見られた一方、「お墓に行って、親戚一同集まるのも含めてお墓参り」など、納得できない人は多い様子。


関連記事:「墓参り代行」はモラル疑う?ふるさと納税のお礼に墓地掃除する自治体も

■一茂「絶対に行くべき」

スタジオでも、「お盆の時期に子供を連れて行くのって本当に大変」「遠い場所でもご先祖さまに手を合わせられれば良いのではないか」との声が上がるが、一茂は「僕は大反対」とキッパリ。

「故人を思い出すのは当たり前。故人のおかげで我々がいるんだから。例外として、例えば体が不自由であったり、病気などで行かれない方は仕方がない」とし、「道中5~6時間かかるにしても、その間故人は生前どうだったかなって思い出す。その時間も大切。グーグルアースだとそれが一瞬で終わっちゃうよね」と訴えた。

■「来なくていい」と言われても…

また一茂は亡き母から生前に「お墓参りなんて来なくて良い」と言われていたことを明かし、「でもそうじゃないんだ」と切り返す。

「日本にはお盆があり、何回忌とか、天国へ行ってしまった方の弔い方がある。そこに斬新とか新時代とかとんでもない話。これは行かなきゃダメ」と改めて訴えた。


■放送受け様々な反響

放送を受け、視聴者からも様々な反響が。一茂の意見に賛同する声も目立つが、様々な時代の変化と照らし合わせたうえで、「良いのでは?」とする声も。

グーグルアースで墓参りねえ…私は反対かな。長嶋一茂さんの意見に賛成。墓参りして親戚が集まって色々近況を話したいよね。#モーニングショー

— Drakos (@tatsuyatalk) August 16, 2019

#モーニングショー
グーグルアースで御墓参り
物理的にどうしてもお盆に帰省できない方もいるんだろうけど
グーグルがお墓まわりの雑草を抜いてくれるわけじゃ無いからなあ

— なつみん (@atoro56) August 16, 2019

グーグルアースで墓参り、良いんじゃない?
墓参りに行かない人が多い中で、
「墓参りなんて無駄だからなくそう」っていう考えより
「形を変えてでも墓参りを残そう」っていう考えになるのは素晴らしい。#モーニングショー#グーグルアースで墓参り

— Laou (@Laou76571998) August 16, 2019

その人の田舎を知らないで、移動の大変さを知らないでいて、グーグルアースでの墓参りに大反対って言えるのは危険だと思う
人の墓参りの方法に対して賛否をつけるのはそもそも間違ってるのでは?「家」の形なんてそれこそ多様化しているのに#モーニングショー

— 蓬 (@yomogidayooo) August 16, 2019

高齢化が進み、家族のカタチも多様化していく中で、義理の娘を気遣った義父の心遣いも然り、親しい親戚が納得できるお盆やお墓参りの在り方について、話し合ってみるのも良いのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング