夫の死後に夫の子を妊娠・出産 彼の夢を尊重した妻の決断

しらべぇ / 2019年8月21日 8時20分

写真

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

余命宣告されたものの生きる希望を失わず、治療開始を前に精子を保存し父になることを夢見ていたある男性。その後ほどなくして男性は亡くなったが、妻が亡き夫の夢を叶え母になった。


■悲しすぎる余命宣告

2007年のこと、同僚だった男性とゴールインした英国人女性がいる。

とても陽気で優しい夫と「子供は5人作ろうね」と話し合っていたというが、夫は酷い頭痛と物忘れに悩むようになり病院へ。そこで医師は「脳腫瘍」との診断を下し、余命は1~5年とも宣告した。

ほどなくして化学療法を受け始めた男性だが生きる希望と家庭を持つ夢を諦めず、「念のために」と治療開始を前に精子を保存。闘病中も「いつかは家庭を…」と前向きだったというが男性はあっという間に弱り、診断が下った数週後には帰らぬ人となった。


関連記事:出産1週間前の妻に夫が衝撃の一言 無神経さに「殺意沸く」と非難殺到

■大事だった夫の夢

夫が亡くなってもなお「夢を叶えてあげたい」と願った女性は、夫の死から5年後に体外受精による妊娠に成功。出産後は必死に新生児の世話をしながらも、確かに亡き夫の存在を感じたという。

またそれに続き昨年も夫の子を出産し2児のママに。「夫の写真をそばに置き出産しました」という女性は、現在41歳になっている。

■シングルマザーとして奮闘する日々

すでに40代。シングルマザーとして小さい子供たちを育てる生活は大変で「私の選択を理解してくれる人ばかりではありません」というが、子供はふたりともパパ似で性格や身振りまで似ているとのこと。

今の暮らしを「素晴らしい」という女性は、夫の死後に夫の子を出産したことを後悔してはいないという。


■「子供は計5人です」

体外受精で妊娠し母になったものの、女性はその過程で3度の流産を経験したとのこと。無事に生まれたのは2人だがお腹に宿った子は計5人だったため、「夫が望んだ子の数にピッタリでした」とも語っている。

「流産で亡くなった3人は夫と一緒に天国にいます。そして無事に生まれた2人は私と一緒」という女性は亡き夫を想い、「きっと天国から見守ってくれているでしょう」と英メディアにコメントしている。

夫が亡くなった頃はまだ若く、他の男性と結婚して子供をもうける選択肢もあったはずのこの女性。しかし最愛の夫の願いを叶えることが、女性にとっては何よりも大事なことだったようだ。


(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング