それ武勇伝じゃないから! 酒の失敗談を語る人に「格好悪い」と感じた瞬間3選

しらべぇ / 2019年8月28日 11時0分

写真

(ViewApart/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

酒飲みのなかには、失敗談をなぜか自慢する人がいる。武勇伝として語りたいのだろうが、聞かされる側からは違和感を覚えるとの声も。

一方で「酒で失敗したエピソードを持っていることも酒飲みの勲章」と考える人もいるらしい。


■酒の失敗談を自慢する人をどう思う?

酒の失敗談を自慢する人について、しらべぇ編集部では全国の10~60代の男女1,653名に調査を実施。

結果、「格好悪いと思う」と答えた人は56.4%。やはり酒に飲まれた挙げ句の失敗談を自慢することについて否定的な人が多い。


関連記事:過去の自慢話は男性に多し 非リアでも「過去自慢ならできる」

■性年代別に見ると意識に差

「酒の失敗談を自慢する人は格好悪い」と答えた人を性年代別に見ると傾向が出た。

男女ともに10代と60代が6割超え。酒を飲んではいけない世代と、多くの酒飲みたちと接してきたであろう世代は、酒の失敗談を自慢する人に嫌悪感を示している。

一方20代と40代は男女で意見が分かれており、男性は5割を下回るが、女性は6割が「格好悪い」と感じているのだ。

■格好悪いと感じる瞬間3選

「格好悪い」と感じさせてしまう酒の失敗談はどんなものなのか。複数の人に聞いてみた。

(1)喧嘩

「職場の同僚、『若い頃は酒飲んで暴れて大変だった』『半グレ集団をとっちめてやった』などと、失敗談としながらも、どこか自慢気に喧嘩をしたエピソードを語ってくる。


実際のところ強そうには見えないし、本当に強い人ってそういうことはあまり語りたがらないと思う。すごく格好悪い」(40代・男性)


(2)寝過ごし

「ある友人ですが、『新幹線で酒を飲んで寝過ごして、大阪で降りるところを広島まで行った』『中央線で大月まで行った』と寝過ごしを自慢してくるんです。


笑ってほしいのかもしれないのでしょうが、聞くほうは『バカだな』としか思わない」(20代・女性)


■異性関係の話を…

(3)奔放な異性関係

「酒の席で酔っ払って起きたらホテルで横に男がいたとか、聞いてもいないのに自慢する会社の同僚。正直聞きたくもないし、羨ましいとも思わない。単にビッチなだけ」(20代・女性)


場を盛り上げるネタにもなることも事実な酒の失敗談だが、「格好悪い」と感じている人が多い様子。話す際は、相手を選んほうがいいかも。


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国20代~60代の男女1,653名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング