赤ちゃんと目があったら? 60代女性の半数が相手してくれていることが判明

しらべぇ / 2019年8月30日 12時0分

写真

(Natee127/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

電車や街中で赤ちゃんと目があった際、微笑みかけたり、面白い顔をしてみたりと、つい赤ちゃんの気を引く行動をしてしまう人も多いのではないだろうか。

しかし、可愛いとはおもいつつも、目があってもどう対応したらいいのかわからなかったり、親が迷惑するのではないかと、遠慮してしまうこともあるようだ。

では実際に、公共の場で赤ちゃんをあやす人は、どれくらいいるのだろうか。


■赤ちゃんの相手をするのは4割

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,653名を対象に調査したところ、全体の35.9%が「電車や街中で目があった赤ちゃんの相手をする」と回答した。

赤ちゃん相手

なお、男性30.3%、女性41.2%と、母性本能の現れなのだろうか、女性の割合が高い結果となった。


関連記事:赤ちゃんの抱っこが怖い若者たち 潔癖症の人は別の理由で…

■60代がダントツ

また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…

赤ちゃんの相手

もっとも割合が高かったのは男女ともに60代で、女性55.3%、男性46.9%であった。すべての世代で男性より女性の割合が高く、特に20~40代男性の割合は2割とかなり低い割合となっている。

20~40代の男性は、仕事などで疲れていることもあるのだろうか、電車の中で赤ちゃんに遭遇してもあやす余裕がないのかもしれない。また、高齢層は、子育て経験がある人も多いことから、より赤ちゃんの相手をする人が多くなるのだろうか。


■公務員の約半数が

さらに、この結果を職業別に見ていくと…

赤ちゃんの相手

もっとも赤ちゃんの相手をしているのは専業主婦が49.0%、公務員が46.2%であった。一方、赤ちゃんと目があってもあまり構わないのは、自由業で27.1%であった。

高齢層の女性の割合が高かったことから専業主婦の割合が高いのは頷けるだろう。また、地域の人々と携わることも多いのだろうか、公務員は赤ちゃんの対応に慣れているのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・赤坂



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング