マイクの譲り合いが… カラオケで最初に歌いたくない人多数の事実

しらべぇ / 2019年10月6日 20時0分

写真

(TAGSTOCK1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

飲み会の二次会などで、カラオケに行く機会がある人も多いだろう。ただ最初に歌うのは、勇気がいるのではないだろうか。


■6割以上が最初に歌いたくない

しらべぇ編集部では全国10〜60代のカラオケに行ったことがある男女1,435名を対象に、「カラオケの利用について」の調査を実施。

カラオケで最初に歌いたくないグラフ

「カラオケで最初に歌いたくない」と答えた人は、全体で60.7%と高い割合になっている。


関連記事:テレビの前にスタンバイ!最初から観ようと思って通販番組を観ている人は○.○%!

■最初に歌うのは恥ずかしいから

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

カラオケで最初に歌いたくない性年代別グラフ

最初に歌うのが嫌なのは、恥ずかしさがあるからだ。

「カラオケで最初に歌う勇気はない。とりあえず様子を見て、誰かが歌い出すのを待つ。やはりどんなことでも、一番にやるのは恥ずかしさがあるから」(30代・女性)

■店員がドリンクを持ってくるとき

店員がドリンクを持ってくるときに、自分の番だと恥ずかしいと思っている人も多いだろう。

「最大の問題は、店員さんがドリンクを持ってくること。そのまま歌い続けるのは恥ずかしいし、かといって歌うのをやめるのもいかにもって感じで。


そんなシチュエーションに自分が当たるのが嫌なので、とにかく避けることを考える。最初に歌うと店員さんが入ってくる確率が高いので、避ける人が多いんじゃないかな?」(40代・女性)


■無理やり最初に歌わされ

無理やり、最初に歌わせれるという人も。

「うちの部署は体育会系の体質が残っているようなところなので、下っ端の僕が『おまえが最初に歌って盛り上げろ』みたいな役割をさせられる。


しかも上司の世代でも知っているような曲を選ばないとケチつけられるので、なにを歌っていいのかいつも迷う。おそらく上司も、最初に歌いたくないのだろうな」(20代・男性)


多くの人が心の中で「最初に歌いたくない」と思いながら、カラオケに来ているのだ。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国10代~60代のカラオケに行ったことがある男女1,435名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング