会社に心を許せる人がいる? 管理職世代は職場で孤独か

しらべぇ / 2019年12月9日 8時40分

写真

(metamorworks/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

1日の大半を過ごす会社の人たちとは、良好な関係を築きたいものだ。しかし長時間いるからこそ、軋轢が起きてしまうこともあるだろう。


■4人に1人が会社に心許せる人あり

しらべぇ編集部では全国10〜60代の有職者の男女698名を対象に、「職場の人間関係について」の調査を実施。

会社に心を許せる人がいるグラフ

「会社に心を許せる人がいる」と答えた人は、全体で26.9%だった。


関連記事:コミュ障は論外?周囲の人との会話も仕事だと考える人

■若い世代には会社に仲間が

年代別で見ると、若い世代ほどに割合が高くなっているのがわかる。

会社に心を許せる人がいる性年代別グラフ

若い人たちだけで、頻繁に飲み会を開いている人も。

「同期や年代が近い人たちとは、頻繁に飲みに行く。仕事でもお互いに、フォローし合える関係ができている気がする。


たとえ上司に強く当たられても、この人たちがいるからがんばっていこうと思える存在は大きい。だからこそ、仕事を続けられている」(20代・男性)

■管理職で孤独感を

一方で部下ができるような立場になると、孤独感を感じる人も多いようだ。

「立場が上がると、どうしても孤立してしまうのは仕方ないのかな。部署のみんなとはコミュニケーションを取るようにはしているけれど、やはり上司ってだけで気を遣われる。


会社の近いところに、心を許せるような人はいない。同期はほとんど関わりのないところにいるから、なかなか会えないし」(40代・男性)


■仲がいいせいで注意できない

下手に仲良くなったせいで、仕事に悪影響が出ているという人も。

「会社で、とても仲良くしている後輩がいる。ただその子は仕事に対して手を抜くところがあり、それにはとても困っていて。


注意をしても仲良くしているために、真剣に受け止めてくれない。下手に仲良くしているせいでこんな面倒なことになるなら、最初から距離を置けばよかったと思っている」(20代・女性)


それでも会社に心を許せる人がいれば、居心地も違うだろう。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国10代~60代有職者の男女698名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング