孫だけ残して嫁を追い出したい義母に若林史江激怒 「このクソババア」

しらべぇ / 2019年10月1日 11時30分

写真

(DAJ/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

嫁姑問題に悩む家族は少なくない。30日放送『5時に夢中』(TOKYO MX)では、「孫に買った服を着せようとしない嫁」への不満を語る義母の投稿を紹介。しかし、その内容に株式トレーダー・若林史江氏は、嫁ではなく義母への怒りを露わにした。


◼義母は怒るが…

番組で紹介したのは読売新聞の読者相談コーナー『人生案内』。70代女性が「孫娘に買ってあげた洋服を息子の妻が着せない」不満を新聞に投稿している。

なぜ着せないのか問い詰めると、嫁は「お義母さんだけには洋服を買って欲しくない」と断言。「人の好意をなんだと思っている」と呆れ返った義母だが、嫁が妊娠中に「男の子じゃなくてがっかりした」と伝えたことが逆鱗に触れていたと判明した。

これに義母は「生意気な態度を取り、挙句の果てに孫を独り占めしようとして許せない。孫を置いたままで彼女を出て行かせたい」とアドバイスを求めた。


関連記事:「おばあちゃんは嫌」と言う義母 続く言葉に“いい嫁”をやめてしまう

◼若林は義母に激怒

相談を担当する大学学長は、「お孫さんと楽しく過ごしたいのなら、お嫁さんに謝罪すること。『男の子じゃなくてがっかりした』という言葉ほどお嫁さんを傷つけるものはありません」と回答している。

この記事が紹介されると、一児の母である若林氏は「言葉悪くなるけど」と前置きして、「なんなのこのクソババア。マジでムカつく。記事読んだだけで嫌悪感の塊」と義母に激怒。子供が一番大事ならば、その子供が大事にしている人も大事にすべきと熱弁していく。

ただし、自分が同じ立場だと義母にハッキリ意見を伝えることは難しいとして、投稿にあった「お義母さんに洋服を買って欲しくない」と言えた嫁に称賛をおくった。

◼視聴者も義母に…

妊娠中の嫁を気遣うどころか傷つけていた義母。それに気づかず自分の意見が正しいと悩みを相談する姿勢に、視聴者からも怒りの声などさまざまな意見が挙がっている。

義母との付き合い方も人としての勉強。
感情を捨てなければならない時もある。
物言いの一つを学んだと思えばよい。
#gojimu

— お代官さま (@ODAIKANsama) September 30, 2019

というか自分がこういうこと義母にやられたらいやだと思わないのかね #gojimu

— カボチャ (@jocx_tv_kawada_) September 30, 2019

何この義母、バカじゃね #gojimu

— あらいくまこ (@ar1kmc) September 30, 2019

このババアにしてみれば自分の息子の次が嫁じゃなくて孫なんだね、ダメだこりゃ #gojimu

— 笘篠せつなオンパレード (@t_setsuna) September 30, 2019


◼過半数が「姑と不仲」

しらべぇ編集部で全国20~60代の既婚女性532名を対象に調査したところ、全体の46.8%が「姑と良い関係を保っている」と回答。過半数が「不仲」だと判明している。

姑といい関係を持っている?

実の親子でも不仲な場合があるだけに、息子の嫁という「他人」になれば余計受け入れられない姑は多いはず。その逆もしかり、嫁姑が互いに気遣いあわなければ、良好な関係は築けないということだろう。


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年5月22日~2015年5月25日

対象:全国20代~60代の既婚女性532人

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング