「シートベルト外せ」と子供に命じ無理心中試みた鬼母 「夫に呪われた」と釈明

しらべぇ / 2019年10月6日 9時0分

写真

(Tomasz Majchrowicz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

車に乗ると同時に、万が一に備えて子供には「シートベルトをしめなさい」と指示する親がほとんどだろう。しかしある母親はシートベルトを着用していた子供たちにむかって「外しなさい」と命令。

しかも体を守らぬよう腕を広げるよう指示したうえで、とんでもないことをしでかした。


■車に子供たちと乗り込んだ女

米フロリダ州で暮らすある母親が、7歳から13歳までの子供たち4人をミニバンに乗せて外出した。しかしこの女は血迷ったらしく、子供たちに対し「今すぐシートベルトを外しなさい」と車内で指示。

さらに両腕を広げる姿勢をとるように命じた上で、「悪魔が痛い目にあわせるのは悪人だけなの」「私たちのことはイエス様が癒してくださるからね!」などと大声で喚き、子供たちを驚かせた。


関連記事:車内に2人の子供を残して買い物に出た父親 戻って目にした「おぞましい光景」に悲鳴

■猛スピードで木に…

その後、女はスピードを上げ1本の木に向かって暴走。衝突と同時に車体の前半分が大破し女は怪我を負ったが奇跡的に命は無事で、警官隊が現場に急行したときには車の外で立ちつくし、助けを待っていたという。

女はすぐに病院に搬送され今は入院しているが、警察は女が回復するのを待ち署に連行する予定だという。

■子供たちの状態

大事故だったにもかかわらず、車は炎上することもなく死者も0名。巻き込まれて大怪我を負った人もいなかったようだ。

また子供たち全員が怪我を負い救急車で病院に搬送されたというが、幸いにもどの子も今は安定した状態で、「命に別状はない」とも報じられている。


■女の釈明に警察も衝撃

警察に対し、女は「あんな行為に走ったのは、夫にまじないをかけられたせいです」と説明したとのこと。

さらには「呪いをかけられたのです」「ブードゥー教のせいだわ」などと釈明を続けたというが、最終的には「じつはまだ体内に大麻が残っているんです」などと話し、マリファナを吸引した可能性も匂わせたという。

明らかに無理心中を試みたとみられる女は殺人未遂容疑で起訴され、今後法の裁きを受けることになっている。薬物の影響を受け正常な判断ができなくなっていた可能性が高いが、子供たちが死なずにすんだことについては不幸中の幸いだった。


(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング