“あおり運転ガラケー女”と勘違いされた女性の悲劇  「誹謗中傷が1000件」

しらべぇ / 2019年10月6日 12時30分

写真

(deeepblue/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

後をたたない煽り運転。常磐道で煽り運転後、威嚇しながら下車・暴行を働き逮捕された男性は記憶に新しい。

5日深夜放送『加藤浩次とどん底どっこいしょ』(テレビ朝日系)では、その男性の車に同乗し「威嚇する姿をガラケーで撮影していた女性」と勘違いされた女性を紹介。誤情報からSNSで特定され誹謗中傷に悩まされた彼女の悲劇が明かされていった。


◼勘違いで誹謗中傷

連日、メディアで同煽り運転の報道がされるなか、男性は早々に個人を特定されネットでは彼を激しく叩く風潮が加熱していく。

ガラケー女の正体を探る動きも激しくなったが、特定された女性は全くの別人。しかし、まとめサイトなどで彼女の本名や顔写真、職場などが掲載されてしまう。

「本名と顔写真」をネットで晒され、悪意ある誹謗中傷を受けた女性。ネットでの勘違いの原因は彼女のSNSにあった。

多くの人が目にした煽り運転時のドライブレコーダーの映像のガラケー女の服装とSNS上にアップしていた彼女の服装がなんとなく類似。

さらになぜか面識のない加害者男性が彼女をフォローしていたため、ネットでは彼女をガラケー女と特定。こうして彼女は勘違いされたのだ。


関連記事:荒れる『女子高生ミスコン』 出場者に誹謗中傷、運営に「やめろ」の声も

◼被害女性の反撃

曖昧な根拠であってもまとめサイトに掲載された結果、特定された早朝から彼女のSNSに「死ね」など誹謗中傷の書き込みが殺到、スマホには絶え間なく通知が届く状態に。

その後、SNS上で否定、他人に見られないよう鍵付きのアカウントに変更するなどしたが、「インスタだけでダイレクトメッセージが1,000件以上届いた」ほど、彼女はさらに炎上していく。

日常生活でも身の危険を感じはじめた彼女は警察に相談、しかし明確な解決手段は提示されなかった。そこで彼女は弁護士に依頼し「根も葉もない誹謗中傷」に対する法的措置をとることを決断する。

自身の会社のHPに声明文を掲載、記者会見を開き「ネットでの勘違い」を告発。虚偽の情報を拡散している人物に法的措置をとる可能性を示唆、実際にまとめサイトなどには損害賠償を請求し、放送時点で2件と和解が成立していると明かされた。

◼視聴者も恐怖

加藤浩次は「一般的な善良な市民が『死ね』とか変わるのは人間の一番汚いところ」「ルールを破った人を絶対に許さないって風潮が強い」と辟易、若槻千夏は「普段我慢していることを(ストレス解消で)あたっているようにしかみえない」と嘆く。

デマに踊らされた世間からの厳しすぎる誹謗中傷、それに対して折れることなく反撃した彼女のエピソードに、視聴者もさまざまな感想を持ったようだ。

だから、ネットだからって人にしねとか言っちゃだめなんだってば。小学生でもわかるじゃん。#どん底どっこいしょ

— きなこ@北町奉行所 (@l6kajv5OVDpvmq0) October 5, 2019

ガラケー女のデマ流してる人も見てるのかな、この番組🙄
SNSのデマについては教育番組とか、学校現場で流してほしい内容。#どん底どっこいしょ

— 白坂 (@nakanocurry) October 5, 2019

これは酷いな。サイバーポリスが入ってIP調べて徹底追及すべきだな。大元流したやつに損害賠償請求だろう。メッセージ出したやつは全て記録しておいてじっくり調べ上げた方がいい。ネット対応の法規を整備し、無責任なツイートは犯罪対象とするようにしないとダメだ。 #どん底どっこいしょ

— ucchi (@ucchi_uchii) October 5, 2019

煽り運転事件の裏でこんな事が起こってたのか
たしかに勘違いはするかもしれんが、
個人をしつこく中傷とか暇にも程があるだろ

#どん底どっこいしょ

— 生ける屍がこの世界の片隅に (@tweeted__dead) October 5, 2019

あおり運転のデマの被害者の人、まとめサイトの運営側とは2件示談済んだんだね。他も進行中っぽい。よかった!って言っても心の傷は消えないよね…ほんとネットの情報鵜呑みにしかできないならネットやっちゃいけない。#どん底どっこいしょ

— びーんず (@omeme4693) October 5, 2019

煽り運転のガラケー女と間違われた女性の話しをしてるけど、真実かどうかを疑わずリツイートするのも罪

#どん底どっこいしょ

— s (@awo6m) October 5, 2019


◼「炎上経験者」は少数

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,365名を対象に調査したところ、全体の4.4%が「炎上した経験がある」と回答している。

炎上した経験

炎上経験のある人は極めて少数。しかしどれだけ気をつけていても身に覚えのないことでデマが拡散すれば、とんでもない炎上に繋がる可能性もある。炎上は他人事ではなく「明日は我が身」なのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日

対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング