嫌いな相手から好かれる女性 「嫌いオーラを出しているのに…」と不満も

しらべぇ / 2019年10月20日 18時20分

写真

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「嫌いな人から好かれることはない」と、一般的には言われている。しかしながらこちらが嫌っているのにもかかわらず、相手から好意を寄せられることもあるようだ。


■4割が嫌いな人に好かれたことあり

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「人間関係について」の調査を実施。

「嫌いな人に好かれたことがある」と答えた人は、全体で40.5%だった。


関連記事:自分も言うけど…人の悪口を聞くと疲れる人は8割にも

■苦手な上司に好かれて

性年代別では、男性よりも圧倒的に女性の割合が高くなっている。

嫌いな人に好かれたことがある性年代別グラフ

苦手な男性上司から気に入られて、困っている女性も。

「会社でねちねちとうるさい男性の上司がいて、私はもちろんその人のことが好きではない。しかしなぜか向こうは私のことを気に入っているようで、よく飲みに誘われる。


周囲からは『いい顔するから』とか言われるけれど、冷たくするわけにはいかないし。私も別に媚びているわけではないし、他の人となにが違うのかわからない」(20代・女性)

■女性同士でもある現象

女性同士でも、嫌いな人に好かれる現象はあるようだ。

「会社にいる女性の先輩は気分屋で、とても付き合いにくいタイプ。会社のほとんどの人から煙たがられているけれど、向こうは気にせずに絡んでくる。


しかもコミュニケーションが嫌みでしかできないから、話すたびに相手に不快感を与えていて…。悪循環に陥っていることを、本人は気づいていないのかな」(20代・女性)


■嫌いなオーラを出しているのに

嫌いな気持ちを表に出していても、相手が気づかないパターンもあるようだ。

「会社にいる男性社員で、ものすごく遊んでいる人がいる。しかもそれを自慢してくるような人なので、私は苦手だった。


その人からものすごくアプローチを受けて、とても困った時期がある。嫌いなオーラを出して接していたはずなのに、相手はまったく気づいてくれてなかったなんて」(20代・女性)


相手の気持ちを深く考えない人は、嫌われていることに気づきにくいのかも。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング