パンサー尾形の放置しがちな行動に妻が警告 「誤飲の可能性がある」

しらべぇ / 2019年10月9日 14時0分

写真

(OkinawaPottery/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘の妻のあいさんが8日にブログを更新。尾形がついついしてしまう行動についてつづった。


■「なぜできない?」

あいさんはこの日、「パパ、なぜできない?」と題した記事を投稿し、3枚の写真とともに次のようなキャプションを書いた。

「蓋閉まってるところ見たことない歯磨き粉」


「化粧水のあとのクリーム…あと数センチ」


「飲みかけのジュース」


使ってから蓋を閉めないことに苦言を呈し、「なぜできない?」と訴えたのだ。


関連記事:パンサー・尾形、新妻への亭主関白すぎる態度に「奥さんがかわいそう」の声

■「全部開けっ放しにするんですけど!」

「なんだろ。蓋という蓋全部開けっ放しにするんですけど!」と憤りをあらわにした。今回の投稿をめぐり、コメント欄ではこのような声があがっている。

「今は我慢できても年数が経つと我慢できなくなりますよ」


「誤飲するかもしれない事をはっきり伝えてみたらどうでしょう?」


「見てない時に口に入れて窒息しては大変です」


また、「誤飲して窒息したらどうするの! と怒ったら、ちゃんとしてくれるようになりましたよ!」といったように、尾形と同じような行動をしていた夫に注意したら改善されたという声もあった。


■パートナーの行動を理解できない

蓋を閉めるという簡単な行動を起こさないことに理解できないという声が見られた。パートナーの行動についてはこんな調査がある。

しらべぇ編集部では全国20〜60代の既婚者、恋人がいる男女1,000名を対象に、「パートナーについて」の調査を実施。結果、全体の53.9%が「パートナーの行動が理解できないことがある」と回答し、男女年代別では40~60代女性が6割前後となっている。

パートナーの行動が理解できないときがある性年代別グラフ

誤飲の可能性を伝えることで自戒を促す必要があるのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日

対象:全国20代~60代の既婚者、恋人がいる男女1,000名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング