こだわりの下着を履いている? 「見せない日はヨレヨレ」の女性も

しらべぇ / 2019年10月13日 8時0分

写真

(violet-blue/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人に見せることはほとんどない下着だが、おしゃれな人はこだわりのものを身につけているという。一方で見えないために、まったくこだわらない人もいるようだ。


■こだわりの下着を履く人はわずか

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「下着について」の調査を実施。

下着はこだわりのものを履いているグラフ

「下着はこだわりのものを履いている」と答えた人は、全体で18.0%と少ない割合だった。


関連記事:男性も勝負下着を用意すべき?清潔感のないパンツはダメよ〜ダメダメ!

■男性も下着にこだわる

性年代別で見ると、20代と50代以上は女性よりも男性の割合が高くなっている。

下着はこだわりのものを履いている性年代別グラフ

下着にこだわるのは、女性だけではないのがわかる。

「履いたときの見た目を気にしているわけではないけれど、履き心地がいいものがいい。そうすると安いものよりも、それなりの価格のパンツになるかな」(20代・男性)

■人に見せない日はヨレヨレ

人に見せる予定がないときには、どうでもいい下着を着けている女性も多い。

「彼氏とデートとかならちゃんとした下着を着けようと思うけれど、それ以外の日は人に見せないのでそれほどこだわらない。なんならヨレヨレになっているパンツでも、気にせず履いているくらい。


『見えないところにこそおしゃれをするべき』とか言われるけれど、そこまでこだわるとお金がいくらあっても足りないから。せめてヨレヨレの下着は、やめるべきだけれどね」(20代・女性)


■人に見せないと思っていたのに

人に見せないと思って適当な下着を履いていたら、スーパー銭湯に誘われたという女性も。

「ものすごく適当な下着を履いていたときに、会社の帰りにスーパー銭湯に行こうと同僚たちに誘われた。他のみんなが乗り気になっていたので、私も行くことになってしまって。


下着を見せるなんて思ってもいなかったので、服を脱ぐときにはとにかく急いで裸になった。普通ならば、裸のほうが恥ずかしいのだろうけど…」(20代・女性)


こだわりの下着とまではいかなくても、最低限に清潔感のあるものを履いていたほうがいいのかも。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング