元恋人に未練がある? 「思い出を美化しているだけ」との意見も

しらべぇ / 2019年10月23日 11時30分

写真

(monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

愛し合った二人が別れるときに、片方の気持ちだけが置き去りになることがある。その気持ちは未練となり、しばらくは当人を苦しめるものだ。


■2割が元恋人に未練

しらべぇ編集部では全国10〜60代の交際経験のある男女1,277名を対象に、「恋愛について」の調査を実施。

元恋人に未練があるグラフ

「元恋人に未練がある」と答えた人は、全体で22.9%だった。


関連記事:自分から別れ話をしたのに未練「情が残る…」の意見に納得

■若い頃に付き合った人を思い出す

性年代別では、50代以上の男性が高い割合になっている。

元恋人に未練がある性年代別グラフ

50代の男性は、若い頃に付き合っていた相手のことをときどき思い出すという。

「妻のことを大切に思っているけれど、20代の頃に付き合った女性のことをたまに思い出す。彼女が今どうしているのかわからないからこそ、さらに気になってしまう。


よりを戻したいとかは思わないし、ただ幸せでいてくれたらいいって気持ち。あまりに古いことなので、心の中で美化してしまっている部分もあるのだろうな」(50代・男性)

■未練から怒りへ変わり

相手に対しての気持ちが、未練から怒りに変わった人もいる。

「フラれてすぐには未練しかなくて、家に閉じこもり泣いていた。ただだんだんと自分勝手に私のことを捨てた彼氏に、腹立たしい気持ちが強くなってきている。


今は彼氏を憎む気持ちでいっぱいで、『そんな人と別れてよかった』と思うようになってきた。なにも考えなくなるときが、本当に癒やされたときなんだろうけど」(20代・女性)


■すぐに気持ちを切り替えられないから

好きだった人のことを、簡単に忘れられるわけがないとの意見も。

「いつまでも未練を引きずるのもいけないけれど、そう簡単に気持ちを切り替えられないのも仕方ない。時間が解決してくれることを信じて、乗り切るしかないんだろうな」(30代・女性)


別れた相手に未練を抱いても、きっと時間が経てば解決してくれると信じたいものだ。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国10代~60代交際経験のある男女1,277名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング