大火傷で失った顔を取り戻した男性 顔面移植手術に成功に歓喜

しらべぇ / 2019年10月27日 7時45分

写真

(Six_Characters/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

事故により火だるまになり、整っていた顔が無残にも焼けただれてしまった男性がいる。何十回も手術を受けたが満足できる結果は得られず、男性は「第二のチャンスが欲しい」と顔面移植手術を受けることを決意した。それが実現するまでの葛藤、そして男性の今の思いとは…?


■事故で火だるまに

2013年夏のこと、米ロサンゼルスにて酒に酔った運転手が停止していた車に突っ込んだ。

これにより、衝突された車は大炎上。車内にいた男性(68)は火だるまになり全身に大火傷を負い、病院に搬送されたものの半年ものあいだ昏睡状態にあったという。

その後に目覚めた男性は傷が癒えるのを待ち長い入院生活を経て退院したが、体の6割に大火傷を負った男性の容姿は完全に変わり果てていた。


関連記事:DVで大火傷を負った女性が顔面移植手術 顔面崩壊の危機も再移植に意欲

■男性が失ったもの

高齢とはいえとても整った顔だちだった男性だが、顔面にも大火傷を負ったせいで唇、鼻の一部、さらには片方の耳を完全に失うはめに。

眉も生えず顔の全体がただれた男性は大きなショックを受け、事故発生からじつに30回もの手術を受けた末に、昨年ようやく顔面移植手術の候補者になったという。

■顔面移植までの道のり

ドナー候補はその後ほどなくして見つかったというが、肌が黒い男性とは色が違い過ぎたために断念。しかしその後に男性の肌色とよく似たドナーが見つかったため、45人のスタッフからなる医療チームが結成され移植手術が行われた。

16時間にもおよんだ大手術だったというが、移植は成功。この男性は顔面移植手術を受けた初の黒人で、年齢も現時点では最高齢だと言われている。


■男性の今

医師団も驚くほど順調に回復している男性は尽力してくれた医師団に感謝すると同時に、顔面提供により生きる希望を与えてくれたドナー、ドナーの遺族、そしてつらいときも支えてくれた家族や友達に対する感謝の気持ちでいっぱいだと語った。

「こんなに素晴らしいギフトをいただき本当にありがたいと思っています」と男性が語る一方で、医師も「これで彼の生活の質が著しく上がるよう願っています」というコメントを発表している。

精神的につらい年月を過ごした男性が、心穏やかな老後を過ごせるよう祈るばかりだ。


(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング