映画『ジョーカー』でも… 笑い出すと止まらない人が苦手な割合は?

しらべぇ / 2019年11月3日 8時0分

写真

(yumehana/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人が笑っている姿を見ると、こちらも幸せな気分になるものだ。しかし止まらないほど笑っている人には、苛立ってしまう人もいるだろう。

大ヒットしている映画『ジョーカー』では、脳の障害によって自分の意思とは無関係に笑いが止まらなくなってしまう主人公・アーサーが、周囲から気味悪がられるシーンがたびたび描かれていた。


■「笑い出すと止まらない」3割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「笑いについて」の調査を実施。

笑い出すと止まらないグラフ

「笑い出すと止まらないほうだ」と答えた人は、全体で30.0%だった。


関連記事:自分で話しながら大爆笑する人の話は…最後まで聞いてもつまらない説

■10代女性はよく笑う

性年代別では、10代女性が圧倒的に多くなっている。

笑い出すと止まらない性年代別グラフ

まさに、箸が転んでもおかしい年頃である。

「ちょっとしたことで大笑いして、それをずっと引きずる。休み時間に起きたことをずっと笑っていて、そのまま授業に入ってしまうことも。もちろん先生に怒られるけれど、それでも笑いが止まらない」(10代・女性)

■女性は笑い出すと止まらない

すべての年代で、男性よりも女性の割合が高くなっているのも印象的である。

「妻がつまらない話をしながら、一人でひたすら笑っているのをよく見る。僕からすればまったくおもしろくないから、どう対応していいのかわからない。


いつも真顔で相手をしているけれど、妻からすれば僕の反応はどうでもいいみたい。それでも楽しそうなので、僕がどう応えるかとかはあまり関係ないのだろうな」(30代・男性)


■笑って話を聞かない人が嫌

あまりに笑いすぎる人は、話を聞いていないから嫌だという声もある。

「笑いすぎて、まったく話を聞いていない人を相手にしているとイラッとしてくる。おとなしくして、こっちの話もちゃんと聞いてほしい」(20代・男性)


一方でテンションが低いよりも、笑っている人のほうがましだとの意見も。

「僕は普段からあまりテンションが上がらないタイプなので、愛想が悪いように思われる。少々うっとうしいところがあっても、楽しく笑っている人のほうが相手にとっては印象がいいんじゃないかな?」(30代・男性)


何事も、ほどほどがいいということだろう。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング