整形男子アレン、約81万円毛皮コートの「売却価格」に絶句

しらべぇ / 2019年11月12日 19時20分

写真

(画像はアレン公式Twitterのスクリーンショット)

「日本一の整形男子」を自称するタレント・アレンが、11日に自身の公式ブログを更新。約81万円のファーベストコートを売却したところ、その売却価格に落胆してしまったことを明かした。


■売却価格はわずか「6万円」

2年ほど前に「ヴェルサーチェ」で購入した、税込価格81万5,400円のラクーンの毛皮が使われたファーコートを、もう使わなくなったため売却してきたと報告したアレン。

しかし、貴重な毛皮を使ったファーベストだったにも関わらず、その売却価格はわずか6万円ほど。アレンは、思わず絶句してしまったという。


関連記事:謎の整形男子・アレン、整形費用1億円・月500万円のサポート生活告白

■高値で売れない理由は…

6万円という売却価格の理由は、「ラグジュアリーブランドのファーは元々定価の値付けがかなり高額」「今はフォーマルでラグジュアリーより、カジュアル系や動きやすいスポーティーなファッションがメインなため、ファーを着るシーンがあまりない」「高額でファーを買い取っても、二次流通で買う客層は安さを求める客層が多いため、販売しずらい」といったことがあげられるという。

アレンは売却価格に落胆しながらも、「使わない飽きた物をずっと置いてたってしかたない」「何でもフレッシュなものが好きだし、フレッシュなうちに売りたい」という思いから、売却したそうだ。


■服の「フレッシュ重視派」は2割弱

ファッションにも常に新しいものを取り入れ、アップデートを続ける彼の潔い決断に、多くの反響が寄せられた今回のブログ記事。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,732名を対象に、「服は季節ごとに新しく購入する」すなわち、ファッションのフレッシュ重視派の割合を調査したところ、全体で2割弱の人が該当した。

衣服調査

毛皮アイテムの売却を考えていた人には、とても参考になる内容だったのではないだろうか。アレンもそうしたように、売るときはその値段が付けられた理由をしっかり確認することも重要だろう。


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング