いとうあさこが激ギレした現役女子大生タレント 「かわいくて当たり前」

しらべぇ / 2019年11月13日 15時20分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

現役女子大生タレントの中川梨花が『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。いとうあさこがそのキャラクターを一喝した。


■さんま「若いときの小林みたい」

番組冒頭、初登場の中川は「さんまさんこんにちは。中川梨花です」とかわいらしい声で自己紹介。年齢を聞かれると、両手の指を使いながら「21歳です」と答える。

それを見た明石家さんまは、「かわいい~」「若いときの小林(麻耶)見てるみたいやわ」と嬉しそうな表情を浮かべた。一方、いとうはというと、「やり口が一緒ですよね」と含みのあるコメントを行っていた。


関連記事:いとうあさこら女芸人が「明石家さんまに惚れる理由」に共感殺到

■中川が持論を展開していると…

男性から「普通にカワイイね」と言われることがムカつくという中川。「かわいい」と言われるのは嬉しいのだが、「普通に」は不要と思っているそうだ。そして「かわいくて当たり前でしょってすごい思うし」と説明を続ける。

すると、いとうが「うるせえ!」と一喝。周りから笑いが起こると、「ごめんね。我慢できなかった」と笑顔で謝罪した。


■約1割がぶりっ子を自覚

中川や小林のようなキャラクターが「ぶりっ子」と表現されることが多いが、それを自覚している人はどのくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の12.6%が「自分はぶりっ子なほうだと思う」と回答している。

自分はぶりっ子だと思うグラフ

今回の放送で強烈な印象を残した中川。今後、ますますの活躍が期待される。


(文/しらべぇ編集部・音無 まりも



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング