東北地方で最も旅行に行きたいと思う地域は? 1位は大都市を持つ…

しらべぇ / 2019年11月16日 12時30分

写真

(thanyarat07/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

本州の北端に位置し、美しい景色や美味しい食べ物に溢れ、観光スポットとして人気がある東北地方。それぞれの地域が強い個性を持っており、どこに行こうか迷ってしまう人も多いだろう。

そんな東北地方のなかで最も「旅行に行ってみたい」と感じさせる地域はどこなのか。しらべぇ編集部では全国の10~60代の男女1,738名に意識調査を実施。上位5地域をランキング形式で紹介する。


■第5位:岩手県(9.6%)

5位は岩手県。盛岡冷麺やわんこそば、じゃじゃ麺など、美味しい食べ物が多い地域。また、世界遺産・平泉や中尊寺金色堂も観光客で賑わう。

岩手県に最も旅行に行ってみたいと答えた人を都道府県別に見ると、同じ世界遺産の富岡製糸場と絹産業遺産群を持つ群馬県が最も高い割合になった。世界遺産持つ県同士で、通じ合うものがあるのかも。


関連記事:実年齢より上に見られたことある? 東北地方は老け顔に見られやすい傾向も明らかに

■第4位:山形県(12.1%)

山形県が4位に。代表的な農作物のさくらんぼやブドウ、ラ・フランスなどフルーツや米、米沢牛など、美味しい食べ物が目白押し。

蔵王や上山の温泉もあり、ゆっくり過ごすには最適の地域だが、4位に留まった。

■第3位:秋田県(15.2%)

3位は秋田県。名物の郷土料理きりたんぽや比内地鶏などの全国屈指の料理に加え、田沢湖や男鹿半島など絶景スポットを数多く抱える。

秋田県に最も旅行に行きたいと答えた人を性年代別に見ると、10代男性の割合が高く21.7%となっている。佐々木希や壇蜜など、秋田美人を一目みたいと考えているのかも。


■第2位:青森県(24.0%)

本州最北端青森県が2位。全国的に有名なりんごや大間のマグロ、そして十和田湖や奥入瀬渓流など美しい景色を堪能できる地域だ。

青森県に最も旅行に行きたいと答えた人が多かったのは、60代女性で30.8%。高齢女性は、青森で美しい自然と美味しい食べ物を味わいたいと考える人が多いようだ。


■第1位:宮城県(30.8%)

1位となったのは東北地方最大の都市宮城県。仙台市は非常に都会で、なんでも揃う環境。また、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地もあり、プロ野球を楽しむこともできる。

宮城県に旅行に行きたいと答えた人を地域別に見ると、東北地方の割合が高く44.0%。自然を味わうというよりは、都会を堪能したいと感じているのかも。6県それぞれが魅力に溢れ、特色を持つ東北地方。好きな場所に旅行に行ってみては。


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日

対象:全国10代~60代の男女1,738名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング