ハライチ岩井が“フジモンを嫌いになった出来事”がヤバすぎる 「生で触らされて…」

しらべぇ / 2019年11月17日 15時40分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

オードリー・春日俊彰が店主、若林正恭が常連客役で、来店したゲストとトークを繰り広げるトークバラエティー番組『あちこちオードリー 春日の店あいてますよ』(テレビ東京系)。

16日放送回では、ハライチ・岩井勇気と澤部佑、フジモンことFUJIWARA・藤本敏史の「新旧ガヤ芸人」がゲスト出演。「藤本が苦手」という岩井が、きっかけとなった衝撃的な出来事を告白した。


◼岩井好きなフジモン

「ミステリアスで大好き。そこを土足で入っていきたい」と岩井への想いを語る藤本だが、それに対して岩井は「藤本がめちゃくちゃ苦手」と明かす。

共演は意外に少ない2人だが藤本のネット番組に呼ばれたことがある岩井は、それがきっかけで苦手になったと振り返る。

その番組内で「生で藤本さんの股間を触らされた。利き…みたいな」と岩井は告白。さらにその時、藤本が岩井の手を掴み「お前、手キレイやな。興奮してきた」と迫ってきたため、岩井は藤本に「お笑いでやってると思ったらそういう意図があったのか」と恐怖を感じたことを語った。


関連記事:ハライチ・岩井、先輩芸人の名前を答えられず 「お前興味ないだろ」

◼若林もドン引き

「ベテランが若手にアプローチしていかないと。気に入られたいから」と必死に反論する藤本だったが、周囲から「オネエの部分がある」「距離の縮め方を間違っている」とツッコミが飛ぶ。

さらに若林は別番組で、「若林がカワイイ」と発言し観客を引かせた藤本に対して「後輩としてですよねってフォローしたら『ボーイとしてカワイイ』って(返してきた」」と、お笑いではなく本気の面があると指摘。

藤本は「若林への気持ちはお笑いにしたくない。ボーイとしてカワイイ」とその場でも主張し続けた。

◼視聴者は大満足

「オネエで繊細」な藤本に、岩井が苦手意識を持つのも仕方がないのかもしれない。

視聴者はそんな2人のやり取りを「かつて見たことないもので、めちゃくちゃおもしろかった」「私はフジモンとボーイの好みが完全一致」「オードリーに面倒臭がられ、岩井さんに嫌がられるフジモン」と大いに楽しんだようだ。


◼8割強が「なんとなく苦手」

しらべぇ編集部で全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、8割強が「なんとなく苦手な人がいる」と回答した。

なんとなく苦手な人がいるグラフ

「なんとなく苦手」という曖昧なものではなく、岩井が藤本に苦手意識を持つ理由はハッキリしている。いくら好意があろうと、嫌がることをするのは逆効果だと藤本は気づかなければならないだろう。


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング