坂上忍の宮下草薙・草薙への公開パワハラに驚愕 「ケガしなかったかな…」

しらべぇ / 2019年12月2日 15時20分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

1日放送の『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)で、MCの坂上忍が若手芸人・宮下草薙の草薙航基に対して無茶振り。草薙から「マジでパワハラですよ」と本音が漏れる展開となった。


◼坂上は草薙がお気に入り

ネガティブキャラとして人気を博す、お笑い第7世代の草薙。準レギュラーのような扱いで同番組には出演中で、坂上からの無茶振りに近いイジりが毎回のように放送されてきた。

とはいえ、坂上が草薙のキャラクターやリアクションを気に入っており愛のあるイジりだったのは明白なのだが、今回の放送では度を越してしまったようだ。


関連記事:若手お笑いコンビの相方が作る朝食代 「安い」「高い」と意見拮抗

◼滑りにくいシューズ

この日は作業服メーカーとして誕生し、昨今はアウトドア衣類の売上も好調なワークマンを特集した。

特に人気の商品について触れていくなかで、料理人が愛用する「滑りにくい靴」を応用して開発されたファイングリップシューズを紹介。売上35万足を記録した同シューズが「どれほど滑りにくいか」を検証するために小型の坂道をスタジオに用意する。

そこに油を塗り、通常のスニーカーとの違いを草薙が体験することに。

◼草薙への公開パワハラ

まず石原良純が同シューズを履いて挑戦。「(普通の靴と)比べてみないとわかんないけど、ペタってくっつく」と余裕を持って坂道を登りきり、そのグリップ力を称賛した。

続いて普通のスニーカーで草薙が挑戦するも、一歩踏み出した時点で「スケートリンクみたい。コレは無理です」と断言し、登ることを諦める。しかし坂上や長嶋一茂から「まだイケんじゃない」「そう言われてもわかんない」「勢いつけたらイケる」など野次が飛び、坂道を登るように強要が続く。

ついには坂上から「逆に(坂の)上から体育座りで滑り降りてみたら」と謎の要求が飛び出し、草薙も渋々、体育座りの体勢で坂道を滑り降りた。

滑りながら転んでしまった草薙を見て「地味なコケ方」と爆笑する坂上に対して、当の草薙は「マジでパワハラです」と苦笑いしながらツッコんだ。


◼視聴者の反応は?

この一連のやりとりに、視聴者からは厳しい意見も寄せられている。

「坂上さんはパワハラを地で行く人」「ケガの危険性あるしそんなに笑いが取れるとも思えない。草薙くんのコメントがなければ二重の意味でスベって終わりだったよね」「坂上忍は本当に不愉快な老害」と坂上のパワハラを指摘する声が目立っていた。

対してイヤイヤながらも坂道から転げ落ちた草薙には、「笑顔で抗議正解」「頑張ったね」「怪我しなかったかな」など、心配・励ます声が殺到している。


◼6割強「イジりはイジメ」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女の男女1,342名を対象に調査したところ、6割強が「イジりはイジメだと思うことがある」と回答している。

イジリ・イジメ

先述の通り、坂上はイジることで、草薙を目立たせるとともに番組を盛り上げようとしていたのだろう。そこにはそういった「愛情」もあったのかもしれないが、残念ながら今回は「イジりじゃなくてイジメ」と不快に思った視聴者が多かったようだ。


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日

対象:全国20代~60代の男女1.342名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング