『鉄腕DASH』19年目の稲刈りが成功し安堵の声 明雄さんを想う視聴者も

しらべぇ / 2019年12月9日 5時45分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

8日の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は「DASH村・19年目の稲刈り」を放送。城島茂・国分太一・松岡昌宏が、福島で稲刈りを行った。


■19年目の稲刈り

今年、TOKIOの3人はそれぞれの米を育て、味を比べることに。松岡は稲の背が高い「福の旅人」、国分が株の種で育てた「No.1太一」、そして城島は昨年の猛暑に負けず穂を出した「福のやまびこ」。

19年目の稲刈りとなったTOKIOの3人は、手際良く作業をこなしていく。そして刈り取った稲は井桁に載せ天日に干し、旨味を濃縮することになった。


関連記事:『鉄腕DASH』山口達也氏が登場し騒然 城島茂「離れても心はずっと1つ」

■最も美味しかったのは

10月、城島・国分・松岡は再び福島を訪れ、脱穀作業を行う。その際使用したのは、18年前に初めて使った「足踏み脱穀機」。番組では2001年に作業する3人の姿が。そして現在へと戻り、見事に足踏み脱穀機を使ってみせる。

3人はそれぞれの米を精米したうえ米を炊き、味を見ることに。当初は国分の「No.1太一」が米の見た目が良く、最も味が良いと見られていたが、口にしてみると最も甘みがあったのは松岡の「福の旅人」だった。

■入口さんが味見

一通り試食した後登場したのは、TOKIOの作った米を鑑定している米のプロフェッショナル入口寿子さん。3つのご飯を食べた結果、太鼓判を押したのはやはり「福の旅人」。「No1.太一」については「インパクトが欲しい」「甘みが少ない」「個性がない」と厳しい評論。

自信を打ち砕かれた国分は、「先生それ以上は止めてください」と肩を落とす。結局松岡の「福の旅人」を来年に残す種とし、19年目の稲刈りは終了となった。


■明雄さん思い出す視聴者も

19年目の稲刈りを難なくこなしたTOKIOの3人。そんな様子に視聴者は「やっぱり凄い」「アイドルの仕事じゃない」など、その技術に称賛の声が上がる。

さらに「明雄さんも続けてくれて喜んでいる」「明雄さんの技術をTOKIOが受け継いでいて嬉しい」など、農業を教え込み、現在は他界している三瓶明雄さんを思い出す『鉄腕DASH』ファンが続出した。


■評価の高いTOKIOの知識

アイドルと兼業ながら『ザ!鉄腕!DASH!!』内で19年間農業に従事し、着実にスキルと知識を向上させているTOKIO。その知識と経験は本職にも匹敵するレベルだと評価される。

しらべぇ編集部が全国の20代~60代のTOKIOを知っている人1,233名に聞いた調査では、じつに50.4%が農業や漁業の知識について「本職と遜色ないレベル」と回答しており、高い評価を受けた。

TOKIO

メンバー脱退で時期が遅れるなど、一時は存続が危ぶまれたDASH村の米作り。天で見守る三瓶明雄さんのためにも、1年でも長く続けてもらいたい。


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年8月25日~2017年8月27日

対象:全国20代~60代のTOKIOを知っている人1,233名(有効回答数)

この記事

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング