家族を捨てて宗教を選んだ青年の最期に絶句 「悲しくなる」

しらべぇ / 2019年12月12日 16時20分

写真

(Milatas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

TOKIOの松岡昌宏が主演を務めるドラマ『死役所』(テレビ東京系)の第9話が12日に放送。青年が新興宗教にハマっていく様を描いた今回の放送に、SNSで「怖い」「ヤバすぎる」などといった声が寄せられている。


■宗教にハマった「お客様」

今回の「お客様」は、指で輪を作るポーズをしている不思議な青年・寺井修斗(柄本時生)。交通事故で死んだ様子の彼に、シ村は「加護の会に入信していましたか?」と質問する。

宗教法人「加護の会」に入信していた寺井は、自分が死んだことを悔いているわけでもなく、どこか清々しい顔をしていた。その反面、シ村は生前の妻のことを思い出し複雑な表情を浮かべ、書類の作成に取り掛かろうとする。


関連記事:加護亜依が「幸せ家族写真」 セクシーマタニティフォトの赤ちゃんがお宮参り

■「あるがままのあなたを愛する」

優秀な弟がいるが、自身は平凡な人生を送っていることにコンプレックスを感じていた寺井は、ある日ミーハーな祖母に連れられ、「加護の会」のトップ・蓮田栄山(吹越満)の講演会に参加していた。

「あるがままの貴方を愛する」という蓮田の言葉は、自分に自信のない寺井の心を満たしていったのである。加えて自分を受け入れてくれる信者たちの優しさにも触れ、居心地の良くなった彼は宗教を怪しむ気持ちが吹き飛んでしまう。

■3日の断食と瞑想

「おかえりなさい」「愛しています」そんな暖かい言葉に惹かれ、共同生活の手伝いをするようになった寺井。「ここでは誰も学歴なんか気にしない」そんな思いで、息苦しい実家に戻る時間も減っていく。

そして、ついに正式な入信を決意した彼は、3日間の断食と瞑想を乗り越え信者に「家族」として迎えられる。完全に洗脳されているとしか思えないが、コンプレックスだらけの寺井は幸せそうな笑顔を浮かべていた。


■家族を捨てる選択

ある日、兄の異変を感じた弟は力づくで彼を家に連れ帰る。しかし、寺井は始終「加護の会にいるのが幸せ」と主張した上、指をさしてきた弟に「指さしちゃ輪が作れねえだろ!」「輪でつながるんだよ!これが俺たちの絆」「指さしは絆の破壊行為だ」と人が変わったように激怒する。

そして本当の家族がここにいると主張する弟に対し「お前みたいな家族はいらない、加護の会にいるほうが幸せ」だと言い放ち、家を後にした。その後追いかけてきた弟から逃げている最中、寺井は車に轢かれて死んでしまうのだ。


■宗教あるあるに恐怖の声

どこにでもいる青年が宗教にのめり込んでしまう、リアリティあふれた描写に放送終了後のSNSは「流れがキツすぎる」「悲しくなる」といったどよめきが沸き起こった。「集団の結束の執着するような宗教は怖い」「優しくしてくれるからハマっちゃうんだろうな…」と慄く声が多数寄せられている。

3日間の断食や瞑想、コミュニティからの分断、俗世から断ち切ることでハマらせて行く手法、そして信徒を演じた柄本の演技にゾっとしった人も多いだろう。

最終回となる次回は、シ村が死刑になった理由と「加護の会」のつながり、そして妻の幸子(安達祐実)の行方が一気に明かされるのだろうか。楽しみに待ちたい。


(文/しらべぇ編集部・AKO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング