元アイドリング・高橋胡桃、セカンドキャリアに役者の道を選んだ理由

しらべぇ / 2019年12月29日 12時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

高橋胡桃

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバー、高橋胡桃。今月13日から上演していた劇団TEAM-ODAC(チームオダック)の舞台『キクネ~僕らに出来ること~』では、主演を務めるなど、現在は女優として活動している。

しらべぇ編集部は、そんな彼女にインタビューを実施。本作を通して得た気づき、アイドルのセカンドキャリアとして役者の道を選んだ理由などを聞いた。


■出演を熱望して実現した舞台

―――舞台の公演中にお時間をいただいてありがとうございます。今日も夜から舞台なのに…。

高橋:いえいえ! こちらこそありがとうございます。


―――『キクネ』では主演を務められていますが、どういった経緯で出演されることになったんですか?

高橋:オダックの女性劇団員さんの劇団、五反田タイガーの舞台に出演させてもらったときに、「オダックさんの舞台にも出演したいです!」と言い続けてたんです(笑)。で、今回、主催のいとう大樹さんに声をかけてもらって。


―――アピール勝ちですね(笑)。最初に脚本を読まれたときはどのように思われましたか?

高橋:オダックさんの舞台はいつも、異世界のお話ではなく、身近な人間劇で共感できるあたたかい部分が描かれている印象だったんですけど、今回もそういうあたたかい部分がすごく出てるなと。


誰もが共感できる部分があって、家族や人間関係のあたたかさも感じられる新作で感動しました。


関連記事:元アイドリング・高橋胡桃 全編Tバックで挑んだ作品「結構えっちぃ」

■等身大の自分を役に入れた

高橋胡桃

―――今回の舞台の主人公・今川りんごを演じる上で意識したことはどういったところでしょうか?

高橋:私は台本を読んで頭の中でキャラクター像を作ってから、それを稽古でやるって感じなんですけど、台本を読んで、りんごちゃんは自分に似てるなと思って。


台本を読んだ感じだと、お店の仲間と特に仲良くするわけではなく、心を開いていないのもわかる。でも、どこか憎めなくて、みんなから嫌われない部分があるような絶妙な女の子だなと思いました。


私も人に心を開くまで時間がかかるタイプなんです。一度心を許したら、仲良く接することができるんですけど、そういうところも似てるのかなって。ある意味、等身大の自分を役に入れられるのかなと思いました。


―――役柄が自分に似ていることはポジティブに働く反面、「高橋胡桃」が役に出過ぎたり、演じるのが難しい部分もあるのかなと思います。

高橋:そうですね。私は演じるときに自分とかけ離れているほど演じやすいし、ぶっ飛んだ役柄のほうが演じやすい。だから、自分に近い普通の女の子みたいな役は難しくて。


―――自分に近い分、演じた部分が強く出過ぎてしまうと、「普通の女の子」ではなくなってしまいますもんね。

高橋:物語の流れで、りんごちゃんの心境はわかりやすいのですが、「普通の女の子って、ここはどういう表情をするんだろう」と悩むことが多かったです。

■言葉遣いに苦戦「すごく大変だった」

高橋胡桃

―――物語の中で特に印象的なシーンはどの部分ですか?

高橋:りんごが妄想の中で銃を撃つシーンが好きです。妄想の中だけど、お父さんに初めて、本当の想いを伝える部分。ここは毎回演じながら、心にこみ上げてくるものがあります。


このシーンがあるからこそ、お父さんがいつも押し殺していたりんごの本当の気持ちを察してくれるんだなって。ちょうど折り返し地点まで公演日数を重ねてきましたが、この会話が終盤に向けてスイッチが入るところだと、いつも新鮮な気持ちで感動します。


―――ぶっ飛んだキャラクターを演じるほうが得意だとおっしゃっていましたが、りんごちゃんが突然豹変するということで、このシーンは難しいのではないかと思いました。

高橋:キツい言葉遣いをするのは難しかったですね。「なんとかじゃねーんだよ」とか、そういう言葉は普段遣ったことがないし、お芝居でもしたことがなかった。


いつもは台詞を覚えた次はどう演じるかを考え始めるんですけど、今回はその間に、キツい言葉遣いを違和感なく聞いてもらえるようにする作業があったので、言葉を自分の中で馴染ませることがすごく大変でした。


■あんなに大きな声出せるんだね

高橋胡桃

―――舞台にはお友達も来られて、高橋さんが演技をするところを初めて見たと伺いました。どのような感想をもらいましたか?

高橋:普段の私しか知らないので、「あんなに大きな声出せるんだね」って(笑)。


―――そこからですか(笑)。

高橋:はい(笑)。「あんなにしっかりと大きな声で喋れるだね。でもすごく感動した」って言ってくれて、素の私を知っている人に「りんご」として見てもらえた嬉しさがありました。


あと、私、日常的に滑舌の悪さをよくイジられるんですけど、ファンの方には「舞台の上に立つと滑舌が良くなるよね」とか「カーテンコールでも噛んでなくてビックリしちゃった」って言われました。


―――ファンのハードルが低い!

高橋:噛まないだけで褒められるっていう良い点はありますね(笑)。

■あのときの経験は無駄じゃなかった

高橋胡桃

―――まだ公演途中なのですが、今回の舞台を通して学びはありましたか?

高橋:お芝居をする上で、ひとりじゃないと感じました。ひとりだったら、今回のようなお芝居はできないと思うんです。


周りの方々に支えられて舞台の上に立っていて、みんながいるから私もりんごちゃんもいるなと。人とのつながりって大切だなと稽古中から感じていました。


―――今回お話を伺っていて、アイドルの方が様々なセカンドキャリアを進むなか、高橋さんからは役者の道を進むんだという強い想いを感じます。

高橋:「アイドリング!!!」で活動しているときに初めて舞台をやらせてもらたんですけど、そのときはまだ「演技って難しいな」くらいの感じだったんです。


でも、その2年後くらいに主演の舞台をやらせてもらうことになって、そのときは今ほどちゃんとは取り組めていなかったと思うんですけど、お芝居をちゃんとやってみたいという気持ちが芽生えました。お芝居って楽しいなって。


そこから舞台のお仕事も増えてきて、アイドルをやりながらお芝居もやっていて。あのときがあるから、今きちんとお芝居に向き合うことができてるんだと思います。


今回、りんごちゃんの役はオファーをいただいたものなんですけど、劇団員のみなさんが「胡桃ちゃんなら安心して主演任せられるよね」と言ってくださっていたと、後から聞いて…。泣きましたよね(笑)。


―――それは泣いちゃいますよ。

高橋:その分頑張らなきゃなという気持ちもあって。すごくありがたい。今までちょっとずつ頑張ってきたものがこうして形になったので、アイドルのときにお芝居を頑張っていたことも無駄じゃなかったなって思います。


■演技と向き合う中で生まれる葛藤

―――高橋さんのように演技とまっすぐ向き合っていると、悩み事も日々生まれるのではないでしょうか?

高橋:舞台だと特になんですけど、「今日はいい演技ができたな」と思っても、次の日また同じようにできるかって言ったら、次の日は全然できないこともあって。


気持ちが乗り切れてないないってことは自分が一番わかるのに、なんで乗ってないかが自分ではわからない。毎日同じクオリティで演じられない葛藤があります。これからもっともっと経験を積んでいく中でわかっていくことだと思うんですけど、まだまだだなって。


―――そういった悩みは周りの方に相談されるんですか?

高橋:今までは両親以外の人に相談できませんでした。でも今回の舞台では、劇団員のみなんさんが「何かあったらすぐに言ってね。力になるからね」と言ってくれていたので、いろいろ聞かせていただきました。


台詞に込められた意味であったり、自分では考えつかない第三者目線の意見をもらって、本当にありがたかったです。

■1年を振り返ってみて

高橋胡桃

―――今年は写真集やDVDのリリース、そして舞台のお仕事と活動が多岐にわたりましたが、1年を振り返ってみていかがでしょうか?

高橋:今年はお仕事以外の自分の時間を大切にできて、自分が今後どうしていきたいのかをいろいろ考えられた1年だったと思います。


プライベートで友達と会う時間もすごく増えたし、そこで友達の意見も聞けて。みんなから胸に刺さるような言葉をもらったことで、自分のことを見つめ直すことができました。


―――胸に刺さった言葉とはどういったものですか?

高橋:私、今までは与えてもらった仕事をするだけで、自分で「こういう仕事をしたい」って決めてこなかったんです。


でも今回、事務所も変わったし、環境の変化がすごく大きな1年ということでいろいろなことを考えていたんです。じゃあ、「胡桃が今したいことをするのがいいよ。自分を大切にしてね」と言ってくれて。


ちょうどそのときに、『キクネ』の舞台をお話をいただいて、「私はお芝居がしたいんだ」と。舞台は1年ぶりだったんですけど、離れたからこそ自分がしたいことが少しずつ見えてきたんだと思います。


―――高橋さんにとって、2019年は新たな気づきがあった1年でした。2020年はどのような1年にしましょう?

高橋:まだまだお芝居の経験も浅いので、まだ演じたことがないような役だったり、もっとたくさん経験したいと思います。


ありがたいことに、私が舞台に立つことで喜んでくれるファンの方もいて、こんな風に喜んでくれる方がいるなら、もっとお芝居を頑張って、恩返しできたらいいなと思います。


■直筆サイン入りチェキをプレゼント

そして今回、高橋胡桃のサイン入りチェキを読者の方3名にプレゼント。応募条件は…

(1)しらべぇと高橋胡桃のツイッターアカウントをフォロー


(2)キャンペーンツイートをRT


(3)公式アプリ(完全無料)をダウンロード


の3つ。ぜひ奮ってご参加ください。


(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング