少年6人に性的虐待 TV出演経験のある著名牧師に1008年の実刑

しらべぇ / 2020年1月2日 18時20分

写真

(Hotaik Sung/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

道徳・宗教教育系のテレビ番組に登場し、世界中に人生の正しい方向を示してきた牧師。しかし、その化けの皮が剥がれ、最悪な正体が判明したと同時に、重い判決が下された。


■6人の少年に性的虐待

米国アラバマ州エトワ郡の裁判所で、牧師のアクトン・ボーエン被告に驚きの刑が下り話題を呼んでいる。被告は2006年から2018年1月までの間に、当時12歳から16歳だった少年6人に対する28件の性的虐待容疑で起訴されていた。

このほど裁判が結審。判事は被告に「考えうる最長の刑を言い渡す」と告げ、1,008年という検察側も驚くような重い実刑判決を言い渡した。


関連記事:小学校で6歳男子児童に性的暴行 元補助教員の男に112年の禁錮刑

■円満な家庭を築いていたが…

被告は2015年に結婚し、円満な家庭を築いていたが、じつは小児性愛者だった。弁護人は、彼のゆがんだ性的指向に関して「被告自身が幼い時に性的虐待の被害にあっていたのが原因だ」と主張。

だが近隣の郡でも児童性的虐待事件を起こしていたと判明し、判事はじめ法廷の人々の同情を引くことはなかったようだ。

■とんだ偽善者

ベストセラーとなった福音主義神学の著書が何冊かあり、宗教的指導に力を注ぐ『xlroads TV』ではおなじみの顔だったボーエン。彼の番組は世界に何百万人もの視聴者を持ち、熱心な導きには定評があった。

しかし恩赦が何度あろうと、どんなに模範囚として評価されようと、一生を獄中で生活するほどの1,008年という量刑。西暦3027年まで服役とは、ボーエンの欺瞞に満ちたそれまでの活動と信者に対する裏切りへの強い怒りが感じられる。


■羊の皮をかぶった狼

判決では、84万ドル(日本円にして約9,200万円)の罰金も支払うよう命じられた被告。それは書籍の印税やテレビ出演料で儲けてきたお金のごく一部でしかない。

犠牲になった元少年のひとりは法廷で、ボーエンを新約聖書にたとえて「羊の皮をかぶった狼」と表現した。被害にあったのはボーエンに信頼を寄せてくる家庭の子供たちばかりで、気に入った少年と親密になるのは極めて簡単だったという。


(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング