時間があればスマホをポチポチ… 若い世代にとってもはや必需品か

しらべぇ / 2020年1月2日 11時0分

写真

(Koji_Ishii/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

少しだけ時間があるとき、どのようなことをするだろうか。近年ではスマホを見て、暇つぶしする人も多いはずだ。


■「時間があればスマホ」半数超え

しらべぇ編集部では全国10〜60代スマホ利用者の男女1,386名を対象に、「スマホの利用について」の調査を実施。

時間があればスマホを見ているグラフ

「時間があればスマホを見ている」と答えた人は、全体で54.6%だった。


関連記事:出し終わってからも個室に篭ってポチポチ 「トイレでスマホ民」の特徴とは

■若い世代はスマホが必需品

性年代別では、男女ともに年代が低くなるほど割合が高くなっている。

時間があればスマホを見ている性年代別グラフ

たった数分であっても、時間があればスマホを見ている人も。

「たとえ数分であっても時間があれば、スマホを手に取っている。SNSのチェックや動画鑑賞など、いつでもできることばかりだけれど。


スマホがない生活は私にとって、もはや考えられない。他のものを忘れても、スマホだけは絶対に手に持って出かけているし」(20代・女性)

■人と一緒にいるのにスマホばかり

一緒にいるのに、スマホばかり見ている人も多いものだ。

「自分もたまにやっているからあまり批判はできないけれど、人と一緒にいるのにみんながスマホの画面に夢中で、目も合わせず会話もないのは異様な光景だと思う。


目の前の人とのコミュニケーションより、スマホを見たい願望が勝つのだろうな。それだけ、中毒性があるのもすごいこと」(30代・男性)


■スマホはコミュニケーションツールにも

一方で、スマホはコミュニケーションツールにもなるとの意見も。

「一緒にスマホでゲームしたり動画を撮ったりすれば、コミュニケーションにつながる。SNSから始まる交流関係だってあるから、悪い部分ばかりじゃないと思う」(20代・男性)


使い方次第で、いいものにも悪いものにもなるとの声もある。

「あくまでもスマホはツールだから、使う人の意識でいいものか悪いものかが左右される。できるなら、いい使い方をしたいもの」(40代・女性)


スマホと上手に、付き合っていきたいものである。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日

対象:全国10代~60代の男女1,733名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング