『刀剣乱舞』の公式展示イベントが3年ぶり開催! 真剣3振りの展示も

しらべぇ / 2020年1月4日 20時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

刀剣乱舞

ファン必見、『刀剣乱舞』の公式展示イベントが3年ぶり開催! しらべぇ取材班は4日行なわれた内覧会に参加し、一足先にとうらぶの世界に浸ってきたぞ。


■『刀剣乱舞』って?

日本刀の名刀を擬人化した「刀剣男士」を収集・強化し、敵を討伐していく大人気ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』(以下とうらぶ)。ゲームだけにとどまらず、2.5次元ミュージカル、舞台、そしてアニメと幅広く展開している。一昨年の紅白で舞う姿を観た人も多いのでは。

さらに、とうらぶをきっかけに本物の刀にハマってしまう「日本刀女子」も急増中だとか。

そんな大人気のとうらぶだが、ゲーム5周年を記念して、1月5日(日)より東京・サンシャインシティを皮切りに公式展示イベント「刀剣乱舞ー本丸博-2020」が開かれることになったのだ。


関連記事:『刀剣乱舞』実写映画化決定! まさかの脚本&キャストにファンも乱舞

■刀剣男子がずらり

こんのすけにお見送りされながら本丸に足を踏み入れ、

刀剣乱舞

ここでしか観られない映像を拝める「歓迎の間」を抜けると、「謝儀の間」が広がっている。そこには跪坐姿の刀剣男子たちがずらり!

刀剣乱舞

これは圧巻…81人に見つめられると、なんだか緊張してしまう。

刀剣乱舞

一人ひとり、丁寧に見ていきたくなるクオリティだ。


■本丸を覗ける空間も

続く「とある本丸の間」にあるのは、“とある本丸”の間取りと模型。

刀剣乱舞

「内番の間」ではゲーム内で刀剣男子たちにお願いしている内番(馬当番、畑当番、手合せ)に入って写真を撮ることができる。

刀剣乱舞

置かれている小道具は実際に手に取ってもOK。

刀剣乱舞

■真剣も見られる!

さらに見逃せないのが「真剣の間」。「復元 三日月宗近 真」「阿蘇神社奉納蛍丸写 影打」、そして近年見つかった「太刀 銘 國永」の3振りが展示されているのだ。

刀剣乱舞

美しい刃文や反りは、見つめているだけでうっとりしてしまう。


■じっくり鑑賞したい展示ばかり

アニメ・舞台・ミュージカル・映画などのメディアミックス展開が展示されている「メディアミックスの間」では、実際に使われた衣装や原画などが並んでいる。

刀剣乱舞

刀剣乱舞

まだ触れたことがないメディアのものでも、映像も用意されているため見ているうちに興味が湧くかも。

ほかにも一般募集した川柳の並ぶ「川柳の間」や5年間の年表が見られる「軌跡の間」、81人の刀剣男子が終結したビジュアルがどーんと置かれた「五周年記念大祝画の間」など、じっくり鑑賞したい展示品ばかり。

『刀剣乱舞』に触れたことがある人ならば絶対に楽しめる「刀剣乱舞ー本丸博ー2020」は、1月5日(日)〜19日(日)まで東京・サンシャインシティ展示ホールA・Bにて開催される。チケットは全日入場日時指定制で、残念ながらすでに土日は完売しているので要注意。

以降、大阪・愛知・福岡・広島・新潟・石川など、全国各地を巡回する予定だ。


(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング