タモリ、浅野アナの嗅覚の良さにびっくり その理由は干支にあった?

しらべぇ / 2020年10月18日 5時30分

写真

(写真提供:JP News)

17日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、前回に引き続きタモリ一行が伊豆大島を訪れた。番組では、ロケ中にアシスタントの浅野里香アナウンサーが意外な才能を見せ、視聴者の間で話題となっている。


■秀でた嗅覚を持っていた

タモリ一行は、火山島だからこそできた絶景を見に、三原山の山頂火口を目指して登山に挑戦した。すると登山中、日本各地で見られる野草の一種「ヘクソカズラ」を見つけたタモリ一行。

葉をちぎると独特な臭いがするというこの植物。まずはタモリが嗅いでみると「あんまり臭くないよね?」とコメント。次に浅野アナが嗅いでみると「ああでも臭い、これ臭いです」と嫌な顔をみせ、再び嗅ぎながら「これはちょっと臭い…」と話した。


関連記事:岡村隆史、タモリとの偶然の遭遇に喜び 「お支払いかっこいい!」

■タモリは無臭?

案内人から「鼻が良いんですね」と言われた浅野アナは、「そうですね、戌年で…鼻が良い」と優れた嗅覚を持っていることを告白。

「すごいね、敏感なんだね」と絶賛するタモリに対し、浅野アナは「人が通ったら「これあの方の匂いだ」とか、「あの街で会った人の匂いだ」とかすごい感じちゃうんですよ」と、驚きの才能を語った。

するとタモリは「じゃあ俺の匂いももちろん覚えてる?」と質問。浅野アナは「今のところタモリさん無臭です」と答え、タモリを残念がらせた。


■これから何かに生かせるか

浅野アナの優れた嗅覚を目にした視聴者は「浅野アナの特技?これから生かしていけそうですね」「浅野アナの嗅覚鋭いのは私的にポイント高い」と、その才能をタモリ同様絶賛。

その一方で、タモリが「無臭」と判定されたことについては「タモリさん、マジで匂い無さそう」「タモリさん無臭なんや」と話題になっている。今後、その嗅覚の良さがどこで発揮されるかが楽しみだ。


(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング