妻や彼女からのDVに悩む男性… 経験者が語るその内容と、相談できなかった理由

しらべぇ / 2015年10月26日 7時0分

写真

妻や彼女からのDVに悩む男性… 経験者が語るその内容と、相談できなかった理由

DV(ドメスティック・バイオレンス)といえば、男性から女性に対してされるものというイメージがもたれがちですが、昨今は女性から男性へのDVも問題視されています。

男性が被害者である場合、「相談しにくい」、そもそも「相談窓口が近くにない」、またDVが発生した原因が自身の尊厳にかかわるものであったり、暴力といっても“言葉の暴力”であったりといった例が少なくなく、DVが行われている事実が顕在化しにくいという側面もあるようです。

sirabee1026DV1

©iStock.com/CamiloTorres

編集部では、恋人・妻からの軽度のDVに遭ったことがあるという男性と、過度のDVを経験したことがあるという男性に話を聞きました。

◆Yさん(29歳)の場合

Yさんは、4年前まで交際していた1歳下の女性から「軽い」DVを受けていたと話します。原因は、Yさんがした浮気の発覚にあったそうです。

「彼女の友達に見られたことで浮気がバレてしまって、なんとか許してもらってそれからも付き合ってたんですけど、浮気がバレて以降はよく暴力を振るわれるようになりました。なんかミスすると、頭叩かれたりビンタされたり首絞められたりといった具合です。

浮気してしまった負い目からあまり文句は言わずにいたんですけど、さすがに辛くなって周囲に相談したら、『でも自分が浮気したのが悪いんじゃない?』と言われることが多くて...。で、そのうちに耐えられなくなって別れてもらいました。軽いDVですけど、しんどかったです」

Yさんは自ら「軽い」と言いますが、あくまで“被害者”個人の思いであり、そうとは言い切れないかもしれません。また、Yさんは一度叩き返したことがあるそうですが、そのときは恋人が激しく泣き叫び、さらなる暴力を受けたため、それ以来“力で封じ込める”ということはできなくなったそう。

「男性のほうが力があるのに...」とはよく言われますが、話はそう単純ではないようです。

◆Iさん(33歳)の場合

離婚歴のあるIさんは、前妻から「過度な」DVを受けていたと話します。

「顔を引っかかれる、コンパスで腕を軽く刺される、お湯をかけられる......肉体的にきついものもたくさんありましたが、精神的なDVも相当つらかったです。風呂場に閉じ込められたり、『ダメな夫で申し訳ありません』って何回も言わされたり。家じゃなく外出先で殴られたのもきつかったです。

原因はいろいろあるんですけど、結婚生活のなかで妻のストレスが尋常じゃなく溜まってしまった、というか、僕がそのストレスを緩和してあげられず溜めさせてしまったのかもしれません。頑張って対処してきたつもりではあるんですけど、妻が貯金を使い込んでしまったことがいちばんの引き金で、長い時間をかけて離婚しました」

Iさんは、現在も夢によってDVを思い出すことがあるといいます。また、やはり周囲に相談することはなかなかできなかったそう。「結婚生活の“恥部”をさらけ出したくなかった」と述懐します。

いま現在、あなたの周囲にもパートナーからのDVに悩んでいる渦中の男性はいるかもしれません。そのような男性が第三者に相談しやすい社会環境が整うことが望まれます。

(文/しらべぇ編集部・西藤まさき)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング