小中高12年間男子校の人たちが語る「男子校あるある」 ひよことの共通点って?

しらべぇ / 2015年10月27日 7時0分

写真

小中高12年間男子校の人たちが語る「男子校あるある」 ひよことの共通点って?

dansi

日常会話からメディアまで、さまざまな場所でしばしば語られる「男子校あるある」。その究極ともいえそうなのが、「小学校から高校まで12年間男子校で過ごした」という人たちが語る“あるある”です。

少数ながら存在する、小中高男子校出身者。東京の某私立校を卒業した20代~30代の男性たちに在学中、そして卒業後の“あるある”を聞いてみましたので、紹介しましょう。

◆小学校関連

「小学生のとき、同級生のお姉ちゃんのことがちょっと好きになる。家に泊まりに行くときとかドキドキでした。で、中学か高校くらいになってそのお姉ちゃんと再会すると、『なんでこんな女のこと好きだったんだろう...』ってなりがちです」(30歳、Oさん)

「小学生時代の思い出話にあまりにも女子が登場しないから、大人になってから知り合った人に『あれ、そこに女子はいなかったの?』って聞かれることがたまにある。こないだ、小学生のとき殴り合いの喧嘩が多かったって話をしてたらそう聞かれました」(31歳、Hさん)

「共学出身の人たちがよく言う、『足の速い男子が超モテた』という話を聞くたびに悔しい思いをする。学年トップで足が速くてリレーとかバンバン抜いてたのに...」(29歳、Oさん)

◆中学校関連

「塾などで初めて女子と会話をすると、ひよこが生まれて初めて見た存在を親だと思う感じで、100%恋をする」(30歳、Sさん)

「大学生になるくらいまで、女子を名前で呼べない。中学のときは、下の名前はおろか、苗字ですら口にするのが恥ずかしくて、『ねぇ』とか『あのさ』を多用する」(29歳、Iさん)

「彼女ができた奴がいると、嫉妬のあまり放課後のデートを尾行する」(32歳、Sさん)

「修学旅行とか校外学習のとき、共学と行き先や日程がかぶると羨ましくてしょうがない。負けた感すら感じる」(30歳、Eさん)

「たまに私服で集まると、みんな私服がとてつもなくダサい。特に中3から高1あたり。柄on柄はあたりまえ。サイズとかもめちゃくちゃ。女子の目がないため、単純にセンスが洗練されてない」(29歳、Kさん)

◆高校関連、その他

「いわゆる“女の子の日”が、大人になるまでピンとこない」(29歳、Yさん)

「高1か高2くらいのある時期、共学への羨ましさが尋常じゃなくなる。自分の周りにいつも男しかいないことに怒りすらおぼえ、近くの共学校の生徒に敵意を抱いてしまう。自分は、『このまま卒業まで男子しかいないのか...』と絶望したことがあります」(30歳、Aさん)

「女子がいないからか、先生たちにデリケートさが皆無で、普通に先生がみんな恐かった」(32歳、Sさん)

このほか、ひどい下ネタもたくさん聞かれました。ただし、楽しいことやメリットもたくさんあるようです。次回、紹介しましょう。

(文/しらべぇ編集部・西藤まさき)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング