【現役理系院生に聞いた】友達の彼女がブスだった時に言うポジティブワード5選!

しらべぇ / 2014年11月18日 15時0分

前回、言いたいことをストレートに言えない現役女子大生から聞いた「友だちの彼氏がブサイクだったときに使えるセリフ」 http://sirabee.com/2014/11/12/7579/ をご紹介し、大反響を呼びました。対して、コミュニケーションにおいて複雑な駆け引きが求められる女性に比べ、物事をストレートに伝えやすい男性同士のコミュニケーションは女性のような問題は生じにくいように思われがちです。

ところが、男性同士だとしても互いがあまり仲良くない場合や、いわゆる「コミュ力」に自信がない男性の場合、思ったことを直接伝えることは困難なようです。そこで今回は、筆者の知人である現役の理系大学院に通う複数の男性たちから聞いた「友だちの彼女がブスだったときに言うワード」を5つ、彼らのコメントともにご紹介します。

1:「こういうコ好きそうだね」

「付き合ってるのだから好きに決まってるのですが、これを言うと『あ、やっぱわかる?』と楽しそうな反応を示すケースが多く、助かっています。『~そう』という推測なので立論にエビデンスもいりません」(分子生命科学専攻)

2:「ロリ系だね」

「黒髪でファッションを含めて全体的に地味な印象をうける小さいコは『ロリ系』というワードを埋め込むことで相手からポジティブな反応を引き出せます。私たちのなかでは、この手のワードはそれだけでプラスの意味を持つことがコンセンサスになっていますから」(生物・環境工学専攻)

3:「抱き心地よさそう!」

「BMIがアベレージよりも高い女性には身体的特徴をポジティブな言葉に変換させることが合理的です。容姿ではなく下ネタにイシューをズラすことで自分が『ブス』と失言してしまうリスクを限りなくゼロにします」(環境リスクマネジメント専攻)

4:「めっちゃいいコそうだね」

「科学ではその論が反証可能かどうか、ということが重視されるのですが、この言葉はそれが不可能な時点で科学的な言葉たり得ません。それでも『いいコ』という言葉は相手を黙らせる呪術的効果を発揮します」(人間行動システム専攻)

5:「声優っぽいね」

「『声優』という響きだけで私たちの心が癒されることは否定できません。私の場合、声優と言えば酒井香奈子さんの顔が真っ先に浮かびますが、仮に自分の恋人が『声優っぽい』と言われたら、酒井さんに似ていなくとも間違いなく気分はよくなってしまいますからね」(システム創成学専攻)

無条件でポジティブな意味を持つ具体的な言葉に注意!

理系大学院生に聞いてわかったことは、「ロリ系」「声優っぽい」など、それだけでは具体的な外見の評価がわからないにもかかわらず、ポジティブな意味が埋め込まれてしまっている言葉を駆使すれば事態は切り抜けられやすいということです。

今回の調査結果は、同世代だけではなく、会社の先輩や親戚の彼女の容姿が微妙だったときにも十分応用可能な強度を持つものと言えるでしょう。

女性のみなさん、彼氏から「研究室の友だちがお前のこと『声優っぽい』って言ってたよ」と言われたときには、自分の容姿が微妙な評価をされているかもしれないことを疑ってみる必要がありそう(?)です。

(取材・文/しらべぇ編集部・高梁孝太郎 http://sirabee.com/author/kotaro_takahashi/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング