1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

C大阪・乾貴士に退団報道! 木下優樹菜との不倫疑惑から2年…待ち受けていたシャレにならない転落劇

SmartFLASH / 2022年5月28日 18時10分

2018年のワールドカップでのメンバー入りは難しいとされていた乾だが、出場し、決勝トーナメント進出に貢献した

《【C大阪】乾貴士退団へ》

5月28日、日刊スポーツが報じたこのニュースに衝撃が走った。

記事によると、発端は4月5日におこなわれた柏レイソル戦。セレッソ大阪の乾貴士は途中交代を命じられた際に、ベンチでスタッフに暴言を吐き、さらに試合後にも同様の行為があったという。事態を重く見たクラブは、8試合の公式戦出場停止と、5月14日までの全体練習参加禁止という厳罰を乾に下した。

その結果、乾とクラブとの溝はさらに深まることに。乾は処分終了後も練習に参加しなくなり、チームを離れてから50日以上が経過。森島寛晃社長との面談も実現したが、物別れに終わったという。記事では、近く最終的な判断を下すとしつつも、「退団の流れは避けられない」と結んでいる。

これに対して森島社長は、オンラインでの緊急会見をおこない、「今回の件は和解のほうもしっかりできている」と説明。「復帰に向けて話をしているというのが現状です。時間も空いてしまったので、どのタイミングで戻ってくるか。本人とのミーティングを重ねながら、話をしている」と明かした。

「乾選手の暴言癖は、かねてより問題視されていました。もともと負けず嫌いな性格で、ファールされたり不本意な形で交代させられたりすると、すぐに激怒。2011年5月の大阪ダービーでは、交代を命じられたことへの怒りから、シャワー室のガラスを叩き割ってしまい、1週間の謹慎と公式戦4試合の出場停止処分を受けています。

自分でもそうした性格を認識しており、『僕はメンタルに左右される部分が大きい』『コントロールできない』とも明かしていました」(スポーツ紙記者)

それでも第一線で活躍してこられたのは、華々しい実績があればこそだろう。

乾は2007年に横浜F・マリノスへ入団してプロ入り。翌2008年にはセレッソ大阪に移籍し、チームのJ1昇格にも大きく貢献した。そして2011年からは、拠点を海外へ。ドイツ2部のVfLボーフム、ドイツ1部のアイントラハト・フランクフルトなどで結果を出し、2015年にはリーガ・エスパニョーラのSDエイバルへの完全移籍をはたした。

「『日本人はスペインでは活躍できない』と言われていたなか、それを覆したのが乾選手でした。公式戦で、FCバルセロナから初めて得点した日本人も彼ですし、スペイン1部リーグにおけるアジア国籍選手の、通算最多出場記録も持っています。また2018 FIFAワールドカップでも、日本代表として大活躍するなど、まさに日本を代表するスター選手です」(前出・スポーツ紙記者)

いっぽうで乾といえば、木下優樹菜との不倫疑惑が浮上したことも記憶に新しい。

「2019年の大晦日に、FUJIWARA・藤原敏史さんと離婚した木下さんですが、その前の7月に投稿されたインスタグラムの文章の、最初の文字を“縦読み”すると《たかしあいしてるずーーっと》になっていました。これをネットユーザーが発見したことで、『たかし=乾貴士』説が取りざたされるようになったのです。

また乾選手のアカウントをさかのぼると、約1年前にやはり縦読みで《ゆきなだいすき》になる投稿をしていたことも発覚。さらには、彼が2018年にテレビで『ギャルが好きなんですよ。ユッキーナとか好きです』と語っていたことまで掘り返されてしまいました。

いずれも憶測であり、真偽のほどは定かではありません。2020年1月には、乾選手自身も週刊誌の直撃に対し、不倫関係を否定しています。しかしそんな彼のことなどお構いなしで、ネット上では“祭り状態”となっていました」(芸能記者)

2021年8月31日には、SDエイバルからセレッソ大阪への移籍が発表された。そこからわずか8カ月での、シャレにならない転落劇に、ネット上でも心配の声が上がっている。

《あーあ 大丈夫かいな》

《木下優樹菜不倫疑惑が出てから坂道を転がり落ちるような転落ぶり》

《乾さんなら大丈夫、残ってくれる》

《一つだけ言えるのは乾やめないで、って事》

ファンのためにも、乾は踏みとどまることができるのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください