ドルトムント、3選手の状態を不安視 ピシュチェクらが練習を欠席

サッカーキング / 2017年5月20日 13時45分

最終節でドルトムントはブレーメンと対戦する [写真]=Bongarts/Getty Images

 20日に行われるブンデスリーガ第34節でブレーメンと対戦するドルトムントに、3選手が欠場するおそれがでている。ドルトムントが公式HP上で伝えた。

 クラブ公式HP上の発表によるとポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク、ドイツ代表DFマティアス・ギンター、同国代表DFエリック・ドゥルムの3選手が18日の練習を欠席。ピシュチェクは内転筋に問題を抱え、ギンターは背中を痛めているようだ。同クラブを率いるトーマス・トゥヘル監督は「残念な知らせに動揺した。予想外だったからね」とコメントしている。

 一方で、4月22日の第30節ボルシアMG戦で負傷したトルコ代表MFヌリ・シャヒンについては、復帰の目処が立っている模様。また、ドイツ代表MFアンドレ・シュールレについても復帰間近だとしている。

サッカーキング

トピックスRSS

ランキング