“なでしこジャパン”の最新状況について知っておきたい5つのこと

サッカーキング / 2019年4月4日 20時5分

なでしこジャパン(写真は先月のもの) [写真]=Getty Images

 昨夏に行われたロシア・ワールドカップでは、日本代表の奮闘に加えて、あまりにもドラマチックな展開の連続に連日連夜、眠れぬ日々を過ごした人も多いだろう。大会終了後には「W杯ロス」になる人も少なくなかったようだ。

 あれから9カ月。あの興奮をもう一度味わえるビッグイベントの開催が迫っている。今年6月、フランスで女子ワールドカップが開催されるのだ。

 日本女子代表(なでしこジャパン)は2011年のドイツ大会で初優勝を果たすと、2015年のカナダ大会では決勝でアメリカに敗れたものの、準優勝を勝ち取った。第8回目を迎える今W杯の出場権はすでに手にしており、3大会連続の決勝進出と王座奪還が期待されている。

 そんな“なでしこジャパン”は現在、欧州遠征を敢行中。4日にはフランス女子代表と、9日にはドイツ女子代表との国際親善試合を戦うことになっており、本番に向けた最後のテストマッチ(2試合)に挑む。

 そこで今回は、“なでしこジャパン”の最新状況を紹介。4年前と何が変わったのか、また現在の“なでしこジャパン”の実力はどの程度なのか、など、知っておきたい5つの基礎情報をまとめてみた。

◆■日本で初の女性監督

まず4年前と最も大きく異なるポイントは代表監督だろう。W杯過去2大会連続で“なでしこジャパン”を決勝に導いた佐々木則夫監督は2016年3月に退任。高倉麻子監督がチームを引き継いだ。高倉監督は現役時代に日本代表選手として活躍し、2度の女子W杯(1991年、1995年)に出場。代表では79試合に出場して30得点という記録を残している。また、男女を通じてトップカテゴリーで初の女性指揮官という特徴を持つ。言わば“オールなでしこ”で今回のW杯に臨むのだ。

◆■FIFAランクは7位、優勝予想オッズは5番目

現在の実力を推し量る指標として最も頻繁に使われるのがFIFAランキングだろう。今年3月29日に発表された最新版で、“なでしこジャパン”は7位にランクイン。4年前の同時期は4位だったのは、前回大会ほど上位チームとしてW杯に臨むわけではない。大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』が公開しているW杯優勝予想オッズを見ても、オランダと同じ11倍で全体の5位。1位はアメリカで3.5倍、2位は開催国のフランスで4.33倍、3位はドイツで6.5倍、4位はイングランドで8倍となっており、“2番手グループ”という立場になっている。

◆■W杯のGS対戦国は?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング