11年ぶりのプレミア対決実現! CL決勝について知っておきたい7つのこと

サッカーキング / 2019年5月9日 18時0分

CL決勝でプレミアリーグ勢同士が11年ぶりに激突する [写真]=Getty Images

 2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝の対戦カードが決まった。ファイナルの舞台に駒を進めたのはトッテナムとリヴァプール。トッテナムはクラブ史上初、リヴァプールは2年連続のCL決勝進出となる。

 決勝でプレミアリーグ勢同士が対戦するのは11年ぶりのこと。前回は2007-08シーズンにマンチェスター・UがPK戦の末にチェルシーを破って3回目の欧州制覇を果たしていた。今回も手の内を知り尽くした者同士の戦いとなるだけに意地とプライドをかけた好ゲームが繰り広げられることだろう。

 欧州王者を決める一戦は、6月1日にスペインの首都マドリードにあるエスタディオ・メトロポリターノで行われる。あと3週間後に迫った決戦について、今回は知っておきたい7つの情報を紹介する。

写真=Getty Images

◆■奇跡的な決勝進出

 まず何と言っても、両チームにとっては奇跡的な決勝進出と言える。トッテナムにしてもリヴァプールにしても、準決勝のファーストレグは無得点での敗戦。しかも、トッテナムはホームで無得点、リヴァプールはアウェイながら0-3という大差をつけられた。だが、迎えたセカンドレグでミラクルが起こる。トッテナムは敵地で3-2の劇的勝利、リヴァプールにしてもホームで4-0の完勝を収め、大逆転での決勝進出を決めた。

 ホームでの準決勝ファーストレグを落としながら決勝へ駒を進めるのは、1995-96シーズンのアヤックス(対パナシナイコス)以来、CL史上2度目のこと。一方、ファーストレグの3点差をひっくり返して決勝に進んだのはCL史上初めてのことだった。最後まで諦めない姿勢が奇跡を呼んだのは間違いなく、ファイナルでも試合終了のホイッスルが鳴るまで勝負の行方は分からない。

◆■通算7度目の同国決勝

 チャンピオンズカップから現在の呼称である「チャンピオンズリーグ」に大会の名称が変更されたのは1992-93シーズンから。以降、同国チームによる決勝戦は6度行われてきた。

1999-00シーズン レアル・マドリード 3-0 バレンシア
2002-03シーズン ミラン 0-0(PK3-2) ユヴェントス
2007-08シーズン マンチェスター・U 1-1(PK6-5) チェルシー
2012-13シーズン バイエルン 2-1 ドルトムント
2013-14シーズン レアル・マドリード 4-1(延長) アトレティコ・マドリード
2015-16シーズン レアル・マドリード 1-1(PK5-3) アトレティコ・マドリード

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング