コンパニがマンCベストイレブンを選出!…デ・ブライネやテベスらがメンバー入り

サッカーキング / 2019年5月20日 3時10分

プレミアリーグのトロフィーを掲げるコンパニ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを退団した元ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニがマンチェスター・Cのベストイレブンを選出した。イギリス紙『サン』が19日に報じている。

 現在33歳のコンパニは2008年にマンチェスター・Cに加入すると、その後クラブ黄金期の立役者としてクラブ公式戦通算360試合に出場した。主将として多くのタイトル獲得に貢献し、今シーズンはイングランド史上初の国内3冠を達成。新天地はアンデルレヒトとなり、選手兼監督に就任することが決まった。

 同選手は、自身が共にプレーしたマンチェスター・C在籍経験のある選手でベストイレブンを選出。セルヒオ・アグエロやケヴィン・デ・ブライネ、ラヒーム・スターリングといった現在クラブでプレーする選手に加えて、パブロ・サバレタやカルロス・テベスなど、かつて在籍したクラブ黄金期の立役者もメンバー入りを果たした。

 コンパニが選出するベストイレブンと、選出理由や同ポジションの選外理由は以下の通り。

▼GK
・ジョー・ハート(イングランド/バーンリー)
2006年~2018年まで所属
「エデルソンは史上最高のGKになるための道を進んでいると思うが、ジョーはクラブの文化を変えた。彼は素晴らしいGKというだけでなく、このチームのリーダーであり、彼が最高のパフォーマンスを見せていた頃は信じられない選手だったね」

▼DF
・パブロ・サバレタ(アルゼンチン/ウェストハム)
2008年~2017年まで所属
「カイル(・ウォーカー)には申し訳ないけど、今は古くから在籍する人達を優先するよ。君は12カ月ぐらいはうまくやってくれたよ(笑)。でも、彼の最高のパフォーマンスを見ると、サバレタのような大きなインパクトを思い出す」

・ジョン・ストーンズ(イングランド/マンチェスター・C)
2016年~現在まで所属
「(アイメイク・)ラポルテは素晴らしい選手だよ。(ニコラス・)オタメンディも素晴らしいし、(ジョリオン・)レスコットはレジェンドだ。でもストーンズを選ばないと。おそらく彼は最も才能溢れるDFだ」

・ヴァンサン・コンパニ(ベルギー/アンデルレヒト)
2008年~2019年まで所属

・ガエル・クリシー(フランス/イスタンブール・バシャクシェヒル)
2011年~2017年まで所属
「僕とガエル・クリシーは一緒に選ばないといけないね。僕は彼がシティに加入する前からプレーに感銘を受けていた。公平な立場で見た場合、彼と(アレクサンダル・)コラロフに大きな差はなかったよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング