「数字」で楽しむU-20W杯…開幕前に知っておきたいトリビアまとめ

サッカーキング / 2019年5月23日 18時9分

23日からFIFA U-20ワールドカップポーランド2019が開幕する [写真]=Getty Images

 いよいよ23日に開幕するFIFA U-20ワールドカップポーランド2019。参加24カ国、計504名の選手たちが世界の頂点を目指して戦う。ここでは、FIFA(国際サッカー連盟)が公表しているデータ、さらにはブックメーカー、海外メディアなどの情報をひもといて、U-20W杯をもっと楽しむための様々な「数字」を紹介してみたい。

◆「0」

各国が登録したメンバー21名のうち、海外組が“ゼロ”の国は日本とサウジアラビアだけ。日本は“純国産チーム”で世界に挑む。グループステージで日本と対戦する3カ国は、メキシコがFWディエゴ・ライネス(ベティス)の1名、イタリアがMFロベルト・アルベリコ(ホッフェンハイム)の1名、エクアドルがGKウェリントン・ラミレス(レアル・ソシエダ)、DFジャクソン・ポロソ(サントス)、DFディエゴ・パラシオス(ヴィレムⅡ)、FWスティヴェン・プラサ(バジャドリード)、FWゴンサロ・プラタ(スポルティング)の5名を海外組としてメンバーに登録している。

◆「0」

本家のW杯同様、U-20W杯でも“外国人監督”に率いられたチームが優勝したことは一度もない。1999年のナイジェリア大会では、フランス出身のフィリップ・トルシエ監督に率いられた日本が決勝に進出。優勝まであと一歩に迫ったものの、スペインに敗れてジンクスを打ち破れなかった。今大会は、エクアドル(アルゼンチン人監督)、ニュージーランド(イングランド人監督)、カタール(ポルトガル人監督)の3カ国が外国人監督に率いられている。

◆「2」

U-20W杯で開催国が優勝したのは、過去21大会のうち2度だけ。1991年のポルトガルと2001年のアルゼンチンだ。過去21大会のうち6大会で開催国が優勝している本家のW杯と比較すれば、U-20W杯における“ホームアドバンテージ”はそれほどでもない。実際、2001年に地元アルゼンチンが優勝して以降、最近8大会は開催国が一度もベスト4に進めていない。

◆「5」

イギリスのブックメーカー『Sky Bet』が発表する優勝オッズ(5月22日現在)でトップに立っているのは、フランスで5倍。昨夏のロシアW杯に続く2世代での世界制覇が有力視されている。フランスに追随するのが、U-19欧州選手権の王者ポルトガル(7倍)、南米の雄コロンビア(9倍)、そしてU-20W杯最多6度の優勝を誇るアルゼンチン(10倍)。彼らがブックメーカーの予想する“4強”だ。我らが日本の優勝オッズは、29倍で全体の15番目。韓国(41倍)、カタール(101倍)、サウジアラビア(151倍)を上回ってアジアでは最も上位に推されている。

◆「11」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング