Jリーガー、ジャーナリスト、サッカー好きタレントが選ぶ「CL決勝史上最高の試合」

サッカーキング / 2019年6月1日 11時42分

チャンピオンズリーグ決勝史上最高の試合は…? [写真]=Getty Images

 今シーズンを締めくくるチャンピオンズリーグ決勝の開催が迫り、日々、盛り上がっているサッカーファンも多いことだろう。『サッカーキング』でも、インタビューや編集部メンバーによる座談会、過去の同国対決を振り返る企画など、様々なコンテンツを配信してきた。

 その一環として、現役Jリーガー、サッカージャーナリスト、サッカー好きタレントに「あなたにとってCL決勝史上最高の試合/ゴール/選手は?」というアンケートを実施。いただいた回答を、「試合編」「ゴール編」「選手編」の3回に分けて発表する。

 今回は「試合編」。なお、本企画では、現役Jリーガーの小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)、サッカージャーナリストの西部謙司氏、小澤一郎氏、ベン・メイブリー氏、そして大のサッカーファンとして知られる歌手、森山直太朗氏の5名にご協力いただいた。

【CL決勝史上最高の試合】 ■小野伸二/北海道コンサドーレ札幌

2004-05 ミラン 3-3(PK2-3) リヴァプール

 前半のうちにミランが3点をリードしていたのに、リヴァプールが追いついてPK戦で勝利。決勝戦で3点差を追いつくということを含めて本当に奇跡的だったので、これが僕の選ぶ最高の試合です。

■西部謙司/サッカージャーナリスト

2004-05 ミラン 3-3(PK2-3) リヴァプール

 3-0を追いつかれるのは、このレベルの試合ではまずない。ファーストレグのリードをセカンドレグで引っくり返されることはよくあるが、前半に3-0にまでしたチームがまさか追いつかれるとは思いませんでした。ミランもそう思ってしまったのは油断だが、リヴァプールの鬼気迫る追撃はアンチェロッティ監督も「説明がつかない」と述懐している。

 PK戦でのGKドゥデクの「スパゲッティ・ダンス」は、かつて、同じくPK戦で優勝したときにGKブルース・グロベラーがとった動きを真似たもの。リヴァプールが培ってきたファンとの絆、歴史へのリスペクトが表れた感動的なファイナルでした。

■小澤一郎/サッカージャーナリスト

1998-99 マンチェスター・U 2-1 バイエルン

 アディショナルタイムにユナイテッドが2点を取って逆転したのを見て、サッカーの怖さと、こんなことがチャンピオンズリーグ決勝で起こってしまうのか、というのを感じました。その後、“イスタンブールの奇跡”などもありましたけど、一番目の当たりにしたというか、今でも鮮烈に覚えているのが、あの試合のスールシャールとシェリンガムのゴールです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング