リヴァプールOBのGKデュデク&ジェームス、アリソン称える 気になるスコア予想は…

サッカーキング / 2019年6月1日 18時2分

取材に応じたデュデク(左)とジェームス

 トッテナムとリヴァプールによる、チャンピオンズリーグ決勝が1日に行われる。試合前日には豪華メンバーが集まったレジェンドマッチがマドリード市内で行われ、イベント中、リヴァプールの守護神を務めた元ポーランド代表GKイェルジ・デュデクと元イングランド代表デイヴィッド・ジェームスに話を聞いた。

 リヴァプールが最後にCL優勝を果たした2004-05シーズン、デュデクはPKストップで英雄となった。“イスタンブールの奇跡”と呼ばれた試合は前半3点のリードをミランに許したリヴァプールが同点に追いつき、PKで勝利する劇的な展開となった。

 今シーズンも多くのドラマがあったCL。リヴァプールもバルセロナとの準決勝で大逆転劇を演じたが、「今大会、多くの試合がクレイジーだったね。その中で明日、ベストなチームが優勝する」と見解。「ビッグゲームになるし、トッテナムとの試合はタフなゲームになる。でも、リヴァプールではいい時間を過ごしたし、勝利を期待している」と古巣を後押しした。

 ここで、ジェームスも登場。現在、リヴァプールはブラジル代表GKアリソンが正キーパーを務めるが、世界でベストかの問いにデュデクは「値する」と答え、ジェームスは「世界中のGKを比べることは難しいね。それぞれ特徴が違う。でもビッグセーブも数多くのセーブも見せたし、ヴィルジル・ファン・ダイクやアンドリュー・ロバートソンなどの守備陣とのユニットとして考えれば、世界でもベストと言えるんじゃないかな」と太鼓判を押す。

 決勝のスコアについては2人とも「2-1でリヴァプール」と回答。古巣の6度目の戴冠を願っている。

取材=小松春生

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング