【インタビュー】世界一を経験、岩清水梓が展望する女子W杯 優勝へのポイントは「相手の土俵に上がらない」

サッカーキング / 2019年6月10日 18時1分

 6月7日にFIFA女子ワールドカップ フランス2019が開幕する。サッカー日本女子代表、通称:なでしこジャパンも出場し、2011年ドイツ大会以来の頂点を狙う。今回、そのドイツ大会の優勝メンバーでもある、日テレ・ベレーザDF岩清水梓がワールドカップでの戦い方や見どころなどを語ってくれた。

―――最初に、FIFA女子ワールドカップの位置づけを教えてください。

岩清水 これまで女子サッカーのメインとなる大会はオリンピックだったと思います。でも、日本が2011年のワールドカップで優勝したことによって認知度も上がり、皆さんに知ってもらうことができました。ワールドカップの価値が以前より上がったことは間違いないと思います。

―――2011年のドイツ大会では優勝、2015年のカナダ大会では準優勝。なでしこジャパンが女子サッカー界をリードする立場になったと言えます。

岩清水 優勝を経験したチームになったことで追われる立場、視察される側になったのは事実です。ドイツ大会で優勝した3カ月後に、まだ出場権を獲得していないロンドン・オリンピックの予選があったんです。その時、「アジアで負けてはいけない」って思えていたのはワールドカップで優勝したからです。ロンドン・オリンピックの本大会でもプレッシャーは大きかったです。準優勝でしたが、注目されながらもあそこまで勝ち進めて結果を出せたのは、プレッシャーを力に変えられていたからだと感じます。

―――チャンピオンエンブレムが付いたユニフォームは重かったですか?

岩清水 今でこそ、チャンピオンエンブレムを付けてプレーできていたのは価値あることだと思いますが、当時は正直重かったですね。負けられないプレッシャーを今までにないくらい感じていました。

―――女子サッカーの魅力とは何でしょうか。

岩清水 男子サッカーよりも運動量の多さがあると思います。男子の場合は、逆サイドまでボールが届きますが、女子の場合はキックの飛距離が短い分、逆サイドに持っていくのも、人を経由しなくてはいけないんです。だから、自然と連携したプレーが多くなります。そういった細かいプレーが多くなるので、男子に負けないくらい足元の技術が高い選手がたくさんいます。

―――岩清水選手が所属している日テレ・ベレーザには多くの代表選手がいます。

岩清水 日テレ・ベレーザの選手が多くピッチに出ると、クラブで実践している攻撃パターンが代表で出る場面もあります。代表は色々なチームのやり方をまとめることが難しい部分もありますが、1つのチームから多くの選手が出れば、できることとも多くなると思います。2011年の優勝メンバーもINAC神戸レオネッサの選手が多かったですが、元ベレーザのメンバーが多くて澤(穂希)さん、近ちゃん(近賀ゆかり)、(大野)忍ちゃん、永里(優季)、(宮間)あやもメニーナ育ちだし……。イメージを共有できる選手たちがピッチに多くいることは良いことだと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング