主将の柴崎岳、押し込む時間の戦い方反省 “試合巧者”チリは「情報ない中でウィークを突いた」

サッカーキング / 2019年6月18日 12時43分

フル出場した柴崎 [写真]=Getty Images

 コパ・アメリカ2019のグループステージ第1節が18日に行われ、グループCの日本代表とチリ代表が対戦。日本は0-4で敗れ、黒星スタートとなった。

 日本は前半の終盤にセットプレーから失点すると、後半開始10分ほどで2失点目を喫し、試合を難しくしてしまった。その後はボールを持つ時間も長くなったが、終盤に立て続けに失点して大差がつく結果となった。主将を務めた日本代表MF柴崎岳は2失点目以降の戦い方について、「攻守は表裏一体なので攻めているときほど、リスクマネジメントはしっかりしないといけないので、その管理が足りなかった」と反省を口にする。

 また、チリの試合運びのうまさにも言及。「個人的には、自分たちが苦手としている部分をしっかり突いてきたな、というところはあると思います。たぶん(日本の)情報はあまりなかったでしょうし、試合が始まって時間が経つにつれ、どこにウィークがあるというのをおそらく突いてきました。そこは、敵ながら『うまい』という感じもありました。逆に僕らはちゃんと修正しないといけないという部分もありました」と、相手の経験値の高さ、チームとしての意思統一など、学ぶべき点は多いと感じたようだ。

 ウルグアイ戦は中2日で迎えることになる。「時間もないですし、まずはしっかり回復してウルグアイ戦に勝つために準備」をして、強豪国との連戦に臨む。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング