光り輝く19歳の“新エース”…充実の陣容で新生アトレティコが新シーズンへ

サッカーキング / 2019年8月18日 8時0分

[写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは昨シーズン、首位バルセロナには11ポイント離されたものの、3位レアル・マドリードには8ポイントの差を付け、2シーズン連続で地元ライバルを制して2位に入った。7シーズン連続で3位以内を記録するチームは、名実ともに3強の一角を形成している。その一方で、2013-14シーズンおよび2015-16シーズンと決勝進出を果たしたチャンピオンズリーグではベスト16止まり。2シーズン連続で不本意な結果に終わり、緩やかに下降線を辿っているとの指摘もあった。

◆攻守の要はチームを去ったが…

 そんな中、ディエゴ・シメオネ監督が8年目を迎えた今シーズンは、大きな転換期を迎えている。まず、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンにウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンと、チームを牽引してきた攻守の要が移籍。最大の武器である守備陣では、レギュラーのブラジル代表DFフィリペ・ルイスと元スペイン代表DFフアンフランに加え、バックアッパーのフランス代表DFリュカ・エルナンデスまで退団した。また、中盤で最もテクニックに秀でたスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスもチームを去った。

 当然ながら、クラブは夏のマーケットでは、レギュラー4選手のうち3選手が退団したDFラインを中心に積極的な動きを見せた。まずセンターバックには、エスパニョールからスペイン代表DFマリオ・エルモソ、ポルトからブラジル代表DFフェリペをそれぞれ獲得。サイドバックには、トッテナムからイングランド代表DFキーラン・トリッピアー、アトレチコ・パラナエンセからブラジル人DFレナン・ロディを補強した。また中盤には、宿敵レアル・マドリードからスペイン人MFマルコス・ジョレンテを引き抜いたうえ、ポルトからメキシコ代表MFエクトル・エレーラを迎え入れた。そして前線には、クラブ史上最高額となる1億2600万ユーロ(約148億7000万円)もの大金を投じて、ベンフィカからポルトガル代表FWジョアン・フェリックスを獲得した。

◆完璧に近いプレシーズンを過ごし開幕へ

 とはいえ、1億2000万ユーロ(約141億6000万円)の移籍金を手にしたグリーズマンを筆頭に、多くの選手を高額で売却することに成功したクラブは、収支面で7000万ユーロ(約82億6000万円)ものプラスを計上。レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスなど、さらなる大物選手の補強も囁かれている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング