開幕3連勝をかけた大一番! リヴァプール対アーセナルについて知っておきたい7つのこと

サッカーキング / 2019年8月24日 16時0分

 24日に行われるプレミアリーグ第3節ではリヴァプールがホームにアーセナルを迎える。開幕2連勝スタートを切った両チームによる注目の直接対決を前に、知っておきたい7つのポイントを紹介する。

◆■アーセナルはクロップが苦手

プレミアリーグ創設年から在籍する両チームが同リーグで対戦するのは55回目。過去の成績はリヴァプールの20勝、アーセナルの15勝、そして引き分けが19回と、リヴァプールが若干上回る。近年の対戦成績でもアーセナルは分が悪く、リヴァプールから最後に勝利を収めたのは、2015年4月のこと。以降8試合連続で勝ち星がなく、ユルゲン・クロップ体制のリヴァプールには一度も勝てていない。昨年12月に行われた前回対戦でも1-5の大敗を喫しており、アーセナルのウナイ・エメリ監督は今回の一戦を前にして「リヴァプールとは二度と対戦したくない」と、ジョークを飛ばしたほどだ。

◆■監督対決は互角

エメリ監督の発言があくまで“ジョーク”だったのは、クロップ監督との相性が悪いわけではないからだろう。2015-16シーズンには、クロップ監督率いるリヴァプールとヨーロッパリーグ決勝の舞台で対戦。当時セビージャを率いていたエメリ監督は3-1の勝利を収めて、大会3連覇を成し遂げた。昨シーズンのプレミアリーグでの対戦を含めると、両指揮官は互いに1勝1分け1敗と全くのイーブン。それだけに彼らにとっても、意地とプライドをかけた90分になるはずだ。

◆■ゴールラッシュが期待できる一戦

「プレミアリーグで最もゴールが期待できる試合」と言えば、この対戦だ。過去54試合でリヴァプールが87得点、アーセナルが68得点を記録しており、その合計数は「155」。1試合平均2.9ゴールが生まれている。さらにクロップ監督就任後の7試合に限れば、リヴァプールが23得点、アーセナルが12得点で、計35得点、1試合平均5ゴールが飛び交う乱戦となっている。また、これまでに6度のハットトリックが記録されており、プレミアリーグ史上最多記録。前回対戦時もロベルト・フィルミーノが3ゴールを叩き出した。なお同選手はホームでのアーセナル戦では、これまでに出場した全4試合で得点をマーク。今回も“アーセナル・キラー”ぶりを発揮することになるだろうか。

◆■昨季の得点王が勢ぞろい

今回の一戦では、プレミアリーグ得点王がそろい踏み。リヴァプールのモハメド・サラーとサディオ・マネ、そしてアーセナルのピエール・エメリク・オーバメヤンは22得点を挙げて、昨シーズンの得点王の座を分け合った。彼らは今シーズンもすでに得点を挙げており、直接対決でのゴールに期待がかかる。ただし、オーバメヤンは“ビッグ6”との対戦を苦手としている。過去プレミアリーグで出場した13試合で3得点、リヴァプール戦に至ってはノーゴールだ。対照的に、サラーとマネはアーセナルを得意としている。マネはリヴァプール加入後の6試合で4得点1アシスト、サラーはチェルシー時代も含め、5試合で4得点2アシストと結果を残している。

◆■首位攻防戦

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング