W杯予選の初戦を勝利で飾った日本の森保監督…「W杯への道は厳しく、険しい道」

サッカーキング / 2019年9月11日 0時0分

カタールW杯アジア2次予選の初戦となるアウェイでのミャンマー戦に日本代表が2-0で勝利した[写真]=Getty Images

 日本代表は10日、2022 FIFAワールドカップ カタール アジア2次予選でミャンマー代表とアウェイで対戦し、中島翔哉、南野拓実のゴールで2-0と勝利し、白星発進した。

 森保一監督が試合後のインタビューに応じ、「初戦を勝ってくれた、無失点で勝てたことは良かったと思います」とコメント。難しいと言われるW杯予選の初戦で勝利したことを評価しつつ、「追加点を取って完全にゲームを終わらせることもできたので、そこは次への課題としてやっていきたい」と前半で2得点を挙げたものの、後半の無得点を課題に挙げた。

 いよいよカタールW杯出場権を懸けたアジアでの戦いが幕を開けた。これから続く予選に向けて、「W杯への道は厳しく、険しい道だと思います。ただ、これまでやってきたとおり一戦一戦ベストを尽くし、最善の準備をして戦っていきたい」と意気込みを口にした。

 日本代表は10月10日に、埼玉スタジアム2002でW杯アジア2次予選の第2戦、モンゴル代表と対戦する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング