第2のデ・ヨング&デ・リフトは現れるのか!? 今季CLの若手ブレイク候補10選

サッカーキング / 2019年9月17日 17時15分

所属クラブ:ライプツィヒ
生年月日:1999年5月25日(20歳)
国籍:フランス
ポジション:DF

堅守を誇るライプツィヒの最終ラインに君臨する巨漢センターバック。192cmの体躯を活かした空中戦の強さはもちろんのこと、俊足も特長の一つであり、昨シーズンはバイエルンのロベルト・レヴァンドフスキを完璧に封じ込めたことが大きな話題となった。今夏開催されたUEFA U-21欧州選手権2019では、同僚のDFダヨ・ウパメカノとセンターバックコンビを組んで、ベスト4に進出。東京オリンピック出場権獲得に大きく貢献した。来日の可能性があるという意味でも、注目したい選手である。

◆■ルベン・ディアス

所属クラブ:ベンフィカ
生年月日:1997年5月14日(22歳)
国籍:ポルトガル
ポジション:DF

ベンフィカ生え抜きのセンターバックで、昨シーズンはプリメイラ・リーガ32試合に出場して、優勝に大きく貢献した。すでにポルトガル代表の常連メンバーで、36歳のペペや35歳のジョゼ・フォンテが名を連ねる同代表DF陣の“希望の星”となっている。移籍情報サイト『Transfermarkt』による市場価値は2年前の100万ユーロ(約1億2000万円)から3200万ユーロ(約38億円)に跳ね上がっており、マンチェスター・Uなどビッグクラブが動向を注視。近い将来の5大リーグ移籍が確実視されている。

◆■ライアン・セセニョン

所属クラブ:トッテナム
生年月日:2000年5月18日(19歳)
国籍:イングランド
ポジション:DF

16歳の時にフルアムのトップチームでデビューし、高い得点力を備えた左サイドバックとしてブレイク。2017-18シーズンにはチャンピオンシップ(イングランド2部)で16ゴール8アシストをマークし、リーグの年間MVPに輝いた。トッテナムへのステップアップを果たした今シーズンは若手育成にも長けたマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でさらなる成長が見込め、右サイドバックを務める22歳のカイル・ウォーカー・ピータースとの若き両翼が“スパーズ”の新たな武器になるかもしれない。

(記事/Footmedia)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング