第2のJ・フェリックス&ヨヴィッチは現れるのか!?…今季ELの若手ブレイク候補10選

サッカーキング / 2019年9月19日 19時28分

今季のELでステップアップを果たしそうなヤングタレントたち [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)に続いて、19日にはヨーロッパリーグ(EL)のグループステージが開幕する。

 今シーズンは日本代表MF中島翔哉や同代表MF堂安律など、日本人選手も数多く参加。CLほどの盛り上がりには欠けるものの、毎シーズンのように将来有望な若手が頭角を現す大会としても知られている。

 昨シーズンは、ベンフィカに所属していたジョアン・フェリックス(19歳)が大会史上最年少でのハットトリックを達成。ビッグクラブによる争奪戦を経て、アトレティコ・マドリードに加入した。さらに、レアル・マドリードが今夏に獲得したセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチも、ELで10得点を挙げたことがステップアップにつながった。

 果たして、今シーズンはどんな新星が現れるのか。ここでは、今大会を機にブレイクを果たしそうなヤングタレントを10名紹介する。

◆■ダニエル・ジェームズ

所属クラブ:マンチェスター・U
生年月日:1997年11月10日(21歳)
国籍:ウェールズ
ポジション:MF

今夏にスウォンジーからマンチェスター・Uに加入した小柄なウインガー。元陸上五輪金メダリストのウサイン・ボルト氏と比較されるほどの俊足が最大の魅力であり、プレミアリーグでは開幕から全5試合に出場して、チームトップタイの3ゴールを決めている。ウェールズ代表としても、9日に行われたベラルーシ代表との親善試合で決勝点をマーク。同代表を率いるライアン・ギグス監督からは「分かっていても止められない選手だ」と絶賛された。

◆■ジョー・ウィロック

所属クラブ:アーセナル
生年月日:1999年8月20日(20歳)
国籍:イングランド
ポジション:MF

アーセナル生え抜きのセントラルMF。豊富な運動量でピッチを走り回りつつ、長短のパスで攻撃を組み立てることのできるプレーメイカーだ。今夏のプレシーズンでバイエルンを相手に印象的なパフォーマンスを見せ、プレミアリーグでも開幕から3試合連続でスタメン出場。12日にクラブと新たに長期契約を締結した際には、「今シーズンは是非ともタイトルを勝ち取りたいね」と強い決意を語った。

◆■ドニエル・マレン

所属クラブ:PSV
生年月日:1999年1月19日(20歳)
国籍:オランダ
ポジション:FW

日本代表MF堂安律の加入で注目が集まるPSVにあって、絶賛売り出し中のストライカーだ。今シーズンから“背番号9”を託されると、14日のリーグ戦で1試合5ゴールをマーク。6日にはオランダ代表デビューを飾り、ドイツ代表を相手に初得点を挙げてみせた。アーセナルのアカデミーで育った過去を持ち、巧みなドリブルと高いシュート技術は20歳とは思えない完成度を誇る。堂安との新ホットラインにも要注目だ。

◆■エヴァン・ヌディカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング