レアルで鮮烈デビューを飾った“超新星”…ロドリゴについて知っておきたい8つのこと

サッカーキング / 2019年9月27日 8時0分

[写真]=Getty Images

 25日に行われたリーガ・エスパニョーラ第6節で、18歳の超新星が衝撃のデビューを果たした。レアル・マドリードのブラジル人FWロドリゴがオサスナとの試合で公式戦初出場を果たすと、ピッチに登場してからわずか1分で初ゴールをマーク。鮮やかなレアルデビューを飾った。

 ロドリゴは今夏、レアル・マドリードに移籍した久保建英のライバルとしても話題になった選手だ。“ブラジルの至宝”とも呼ばれる彼は一体どんな選手なのか。8つのトピックと共に、ここで改めて紹介する。

◆デビューから93秒で初ゴール

データ会社『Opta』によれば、ロドリゴの初ゴールは71分の途中出場から、わずか93秒後に生まれたものだったという。レアルでのリーグデビュー弾としては、元ブラジル代表FWロナウド氏がアラベス戦で記録した62秒に次ぐ記録になるとのこと。もちろん、これが初シュートだった。また21世紀生まれの選手が公式戦でゴールを奪うこと自体が、クラブ史上初の出来事だったようだ。

◆16歳でプロ契約締結

ロドリゴは2001年1月9日、ブラジルのサンパウロで生まれた。10歳の時に名門サントスの下部組織に入団すると、16歳の時にはプロ契約を締結。そして2017年のU-17サンパウロ州選手権では22試合で24ゴールと得点を量産し、同年11月に16歳10カ月でトップチームデビューを飾った。さらに昨年3月にはコパ・リベルタドーレスの試合でゴールを奪い、同大会におけるブラジル人最年少得点記録を樹立した。

◆17歳でレアル入団内定

ブラジルに現れた新たな“至宝”をヨーロッパのビッグクラブが放っておくはずもなく、バルセロナやレアル、リヴァプールなどが争奪戦を繰り広げた。そして昨年6月、レアルが移籍金4500万ユーロ(約53億円)での獲得を発表。国際移籍が可能な18歳の誕生日を待って、今夏にレアル・マドリードへの正式入団を果たした。

◆ネイマール+ロナウジーニョ

ロドリゴは左サイドを主戦場とするウイングであり、抜群のスピードとフットサルで鍛えたテクニックでDFを抜き去るプレーを得意とする。サントスの下部組織時代から、同クラブOBになぞらえて「小さなネイマール」と呼ばれており、本人も先輩のプレーを参考にしているという。また、トップ下として精度の高いボールを配給しチャンスを演出することもできることから、元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏に例えられることもある。

◆アイドルはアザール

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング