スペースILの月面探査機、地球をバックにセルフィー撮影

sorae.jp / 2019年3月8日 11時13分

イスラエルの民間月面探査機「ベレシート」が地球をバックにセルフィーを撮影し、送信することに成功しました。

イスラエルの民間団体「スペースIL」によって開発されたベレシートは、成功すれば民間探査機として初めて、そしてロシア(旧ソ連)やアメリカ、中国に続く4カ国目の月面探査ミッションとなります。

このセルフィーは、ベレシートが地球から約3万7600km離れた場所から撮影したものです。イスラエル国旗の後ろ側には、丸い地球とオーストラリアを見ることができます。

スペースXの「ファルコン9」ロケットによって2月21日に打ち上げられたベレシートは、現在軌道を修正しながら月へと向かっています。そして4月4日に月周回軌道へと到達し、4月11日に月面に着陸する予定です。

 

Image Credit: スペースIL
■Israeli Moon Lander Snaps Epic Space Selfie with a Full Earth
https://www.space.com/israel-moon-lander-earth-selfie.html
文/塚本直樹

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング